医院ブログ

マウスピース矯正「専門」
LINE予約
電車二子玉川」駅より徒歩
03-6431-0972

診療時間:10:00~18:30 / 診療日:水・金・土
※13:00~14:30はお昼休み

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
キービジュアル

インビザラインの治療期間の例。長い人と短い人の違いは?

2023年5月19日

こんにちは。二子玉川駅前デンタルデザイン歯列矯正歯科です。

 

インビザライン矯正の治療期間は患者様により異なります。

治療期間の長さがご不安な方は、この記事をご参考になさってください。

目次

■インビザラインの治療期間は人によって異なる
■インビザラインの治療期間が短い人の特徴・事例
■インビザラインの治療期間が長い人の特徴・事例
■インビザライン矯正のルールを守るための一工夫
■マウスピース矯正だからこそ長期間でも耐えやすい
■まとめ

■インビザラインの治療期間は人によって異なる


マウスピースを使用した利便性の高い矯正治療のインビザラインは、透明のマウスピースを使用するため非常に人気があります。ご飯を食べる時や歯磨きの際には外すことが可能で、また仕事や重要なイベントでマウスピースを外したい時にも取り外せる点も魅力です。

 

そんなインビザラインですが、治療を完了させるためには一定期間装着する必要があります。毎日20時間以上装着しなくてはならず、そういったルールを守らない場合には理想の歯並びにならなかったり、矯正治療の完了が遅れるケースもあります。

 

ワイヤーを歯に装着しなくて良いのでインビザラインは比較的気軽ですが、できることなら早く治療を終わらせたいところです。高精度なシステムを用いて作られるアライナーにより徐々に歯を移動させ、各々が希望する歯列を実現させます。

 

具体的な期間は人それぞれ異なりますが、インビザラインの場合はアライナーの装着を始める前の段階で、どのように歯が移動していくのか、そして大まかな期間も分かります。

 

人によって治療期間が異なるので、体験談を読みその期間を鵜呑みにせず、カウンセリングなどに行き、目安の期間を確認するのもおすすめです。

 

人により治療期間が異なるのでカウンセリングで確認

人により治療期間が異なるのでカウンセリングで確認

 

■インビザラインの治療期間が短い人の特徴・事例


インビザラインの治療期間が短い人の特徴や事例を紹介します。

 

まず特徴ですが下記の通りです。

  • マウスピースの装着時間を守っている
  • マウスピースを交換すべきタイミングを守る
  • 虫歯や歯周病にならないようにきちんとケアをしている
  • 歯科医院でのチェックを怠らない

どうしても自由に取り外しできるため、装着時間を守らずにいる人も多いです。しかし短い期間で終わる患者様というのは、ルールをきちんと守っておられます。装着時間だけでなく、交換のタイミングやその他の口内ケアもとても重要です。

 

以上の他にも、症例が理由で期間が短くなる人もいます。

部分的な矯正の場合は早い場合で1年程度で終わるケースもあります。そして「軽度」という点も、治療期間が短い人に共通します。

 

例えば下記であれば、短めの期間でインビザラインの治療ができるでしょう。

  • 軽度の出っ歯
  • 軽度の上顎犬歯の低位唇側転位
  • 前歯が軽くねじれている
  • 前歯の噛み合わせ

インビザラインを希望される方の中にはこういった症例の患者様もたくさんいらっしゃいます。思っている以上に短い期間で治療が終わることもあるため、お気軽にご相談ください。

「歯列の問題でいろいろと悩んでいるけれど、自分の程度がどれくらいなのか分からない」というケースもあるでしょう。自己判断すべきではありませんので、矯正歯科の専門医師に頼ってみましょう。

 

治療期間の事例(短い場合)

  • 軽度の出っ歯…1年間
  • 軽度の叢生…1年間

 

■インビザラインの治療期間が長い人の特徴・事例


インビザラインの治療期間が長い人の特徴や事例を紹介します。

 

まず特徴ですが下記の通りです。

  • 装着時間のルールを守らない
  • マウスピースのケアをしっかり行わない
  • マウスピースの交換時期を守らない
  • 医師ではなく、自己判断で決めてしまう
  • 歯磨きをはじめとしたメンテナンスを怠る
  • 定期検診などを受けない

面倒な気持ちは分かりますが、装着ルールを守らないと、治療が長期化するだけでなくて治療そのものが失敗する恐れもあります。初めにマウスピースの装着や取り外しに関するルール説明がありますので、しっかり守りましょう。

 

歯磨きなども想像以上に重要で、虫歯や歯周病になるとそちらの治療が優先されるため、インビザライン治療は一旦お休みになります。その間に移動した歯が戻ってしまう恐れもあるので、日常的な口腔ケアはかなり大切です。インビザライン治療の通院の際に口内のチェックをしてもらうようにしましょう。

 

上記は日常的なルールに関する内容でしたが、症例によっても治療が長期間化するかどうかが大きく変わってきます。

 

例えば下記の場合は、インビザラインの治療が長くなるでしょう。

  • 全体的な矯正
  • 歯を抜く場合
  • 重度な症例
  • 歯槽骨が硬い
  • 治療途中での口内疾病の罹患

やはり部分的な矯正よりも全体的な矯正の方が時間が長くかかります。とは言っても、基礎的なルールを厳守するとスムーズに治療が進んでいくので、仕上がりに満足できる可能性も高まります。治療が長引く理由のひとつに、「仕上がりに満足できない」がありますからね。

 

治療期間の事例(長い場合)

  • 重度の叢生…3年間
  • 歯を抜く必要があった…2年間
  • 虫歯を患った…2年間

 

■インビザライン矯正のルールを守るための一工夫


インビザラインの治療期間に直接的にかかわる「ルールの厳守」ですが、意外と難しいのが実情です。しかし一工夫することで、マウスピースの装着を忘れにくくなり、きちんとした口内ケアも行いやすくなります。

 

代表的な工夫の方法は以下の通りです。

  • アプリを使う
  • 生活リズムに気を遣う
  • マウスピース専用ケースを持ち歩く

 

今は多種多様なスケジュール管理アプリがあります。自分が使いやすいものを選びましょう。例えば、食後の時間帯にスマホの画面に「マウスピースを装着」などと表示させておくと忘れにくくなります。

そして生活リズムに気をつければ、規則正しい一日の流れとなるので、結果的にマウスピースの装着や口内ケアを忘れにくくなるでしょう。

 

インビザライン矯正のルールを守る方法としてアプリの活用などがある

インビザライン矯正のルールを守る方法としてアプリの活用などがある

 

■マウスピース矯正だからこそ長期間でも耐えやすい


様々説明しましたが、「長期間かかる」ということが悪いわけではありません。

患者様の気の緩みなどが原因であれば問題ですが、重度な症例であれば仕方ありません。

光加速矯正装置のような加速矯正装置を活用することで、矯正効果が加速します。面倒なものではなく、1日あたり数分程度口に咥えるだけでOKという優れもの。状況次第ではこういったものを使うのも良いでしょう。

 

インビザラインはマウスピースを使った矯正なので、仮に長期間化したとしても耐えやすいと言われています。従来のワイヤーを使用したものであれば人目が気になりますが、インビザラインはそういった部分にも配慮して作られているのでおすすめです。

ご飯を食べる際に取り外せる点も患者様にとっては非常に喜ばしいことです。そして装着すべき時間は決まっていますが、好きなときに取り外し可能な点は従来の矯正治療にはない強みです。

 

■まとめ


今回はインビザラインの治療期間の例について紹介しました。

 

治療期間が1年くらいの人もいますし、3年以上かかるようなケースも見られます。その理由は多々ありますが、症例によるものが大きいです。

軽度の場合は短い傾向にあり、逆に重度な場合や歯を抜く必要がある際などは、治療期間が長くなりやすいです。

インビザラインの治療開始前に伝えられるルールをしっかり守り、また歯磨きをはじめとしたケアも行えば、予定よりも長引くリスクは少ないでしょう。

 

自分の目安の治療期間を知りたいという場合には、インビザライン治療を実施している歯科医院で相談しましょう。当院では、無料でのカウンセリングもしており、様々な悩みの解決も行います。インビザラインの「ダイヤモンドプロバイダー」に認定されているので安心してください。

 

オンラインWEB初診カウンセリングはこちらから

オンラインWEB初診カウンセリングはこちらから

インビザラインが向いていない人はいる?

2023年5月12日

こんにちは。二子玉川駅前デンタルデザイン歯列矯正歯科です。

 

インビザライン治療が向いているかどうかは、カウンセリングを受ければわかります。

インビザラインが向いている方はたくさんいらっしゃいますので、ご興味がございましたら歯科医師にご相談ください。

目次

■インビザラインにも向き・不向きがある
■インビザラインが向いていない人はこんな人
■インビザラインが向いている人はこんな人
■矯正治療前に把握しておく重要性
■インビザライン治療が向かない場合の対処方法について
■まとめ

■インビザラインにも向き・不向きがある


最近注目されていて治療者数も増加しているインビザラインですが、向き・不向きがあることも事実です。様々な矯正治療法が登場していて患者様はある程度自由に選べる状況にあるものの、それぞれの治療法には特徴があり、適用可能な症例もあれば適用不可能な症例も存在しています。

 

こういった事実から、インビザラインだけではなく、矯正治療をする際には自分が向いているのかどうかを判断することになるでしょう。

 

難しく考える必要はなく、歯科医院でのカウンセリングに行けば全て分かります。例えば、当院であれば無料でのカウンセリングを実施しています。向いているかどうかだけでなく、その他多くの治療に関する情報を得られます。ちなみに、現時点で虫歯や歯周病に罹患している場合は、そちらの治療を優先することになります。

 

インビザラインが向いているかはカウンセリングでわかる

インビザラインが向いているかはカウンセリングでわかる

 

■インビザラインが向いていない人はこんな人


インビザライン治療が向いていないのは下記のような人です。

○重度の矯正で、歯を抜く必要がある人

矯正治療といっても千差万別であり、非常に軽度な人もいればかなり重度な人もいらっしゃいます。歯並びを美しくするために、「歯を抜く」必要性が出ることもあります。抜く歯の本数が少ない場合など条件さえ合えば、インビザライン治療も可能です。しかし抜く歯の本数が多い場合や移動する歯の距離が長い場合にはインビザラインは向きません。やはりそういった状況の場合は、ワイヤー治療に分があります。

 

○骨格的な問題を抱えている人

ケースバイケースですし、検査をしてみないと分かりませんが、顎の骨格が他の人とは異なっている(変形など)場合にはインビザラインは向きません。自分では大丈夫だと思っていても、検査の結果骨格的な問題が見つかり、インビザライン治療ができないケースもあります。

 

○使用方法の厳守ができない人

ワイヤー治療は歯科医院で取り付け、そのままの状態で日常生活を過ごします。しかしインビザラインは専用のマウスピースを使用して歯並びを良くします。ということは、マウスピースの頻繁な装着や取り外しの必要性があるだけでなく、適切な洗浄や保管も不可欠です。そして何よりも一日20時間以上使用しなくてはならない、という点が問題です。使用に関するルールを守れなければ理想とする歯並びの実現は不可能になってしまいます。

インビザラインはたくさんのメリットがある半面、自分自身に課された重要な約束事があることも理解しておきましょう。

 

その他、歯並びの問題が複雑過ぎる場合、噛み合わせの問題がある人もインビザラインはあまり向いていません。

 

インビザラインは重度の場合などには不向き

インビザラインは重度の場合などには不向き

 

■インビザラインが向いている人はこんな人


逆にインビザラインの矯正治療が向いているのはどんな人なのか、見ていきましょう。

○比較的軽度で、歯を抜く必要がない人

インビザラインは様々な症例に対応しているものの、一般的には軽度な症例におすすめです。矯正治療をするにあたり歯を抜くこともありますが、インビザラインの場合は抜かない場合に特におすすめです。歯科医師にチェックをしてもらい、自分の歯並びの問題や歯を抜く必要があるのかなどを知っておきましょう。

 

○ルールを守れる人

装着時間の問題は当然ですが、それ以外にもマウスピースの管理なども求められます。忘れることなく装着することができ、面倒がらずにきちんと洗浄や管理が行える人に向いています。

 

○ワイヤーが見えるのが嫌で、重大事に一時的に外したい人

ワイヤーが見えると恥ずかしい…という意見もよく耳にします。そんな人にもインビザラインは向いています。マウスピースは簡単に取り外しできるので、仕事などでどうしても「外さなくてはならない」というケースにも最適です。もちろん外すといってもこの治療法は時間的なルールがあるので、そちらを第一に考えましょう。

 

インビザラインは軽度な場合に向いている

インビザラインは軽度な場合に向いている

 

■矯正治療前に把握しておく重要性


矯正治療を開始する前に「自分がインビザラインに向いているか」「自分に最適な矯正治療は何なのか」を把握しておく必要があります。

 

しっかり把握しておけば事前の心の準備もゆったりとできますし、矯正治療前の独特の不安感も取り去りやすくなります。

 

多々ある矯正治療の方法ですが、各歯科医院によって取り扱いのない場合や、取り扱いがあったとしてもそれほど得意ではない…というケースもあります。早めに把握しておけば、その分野で強みを発揮する歯科医院を選びやすくなります。

 

せっかくインビザライン治療を受けるなら、得意なところで受けたいですよね。当院はインビザライン「ダイヤモンドプロバイダー」に指定されていますので、安心して治療に臨むことができます。無料のカウンセリングサービスをご用意しており、また本来であれば3万円くらい必要な「検査診断」も無料で行います。治療開始までは一切費用は必要ないのでご安心ください。

 

「把握する」といっても難しい事ではなく、信頼できる歯科医院に足を運んで検査やカウンセリングを受けるだけでOKです。

 

■インビザライン治療が向かない場合の対処方法について


インビザラインの治療が向かない人もいらっしゃいます。そういった場合も、治療法を変えたり、工夫をすることで矯正が可能になるケースもあります。

 

ルールを守れないためにインビザラインが向かないという場合には、同居人に管理などの協力を頼んだり、自分自身の心構えを見つめ直すことで、いくらでも対処可能です。噛み合わせが良くなった自分を想像することでモチベーションを高め、ルールを守れるようにする、という対処方法も有効です。

 

たくさんの歯を抜く必要がある場合や歯を移動させる距離が長い場合は、その症例に最も合った矯正治療法をしましょう。向かない症例であるにもかかわらず実行してしまうと、目指す歯並びになるどころか、お金を無駄にするだけです。

例えばワイヤー治療は、歯の前面に着ける方法以外に、裏面に装着する治療法も人気です。そういった矯正方法もうまく活用すれば、インビザラインほどではありませんがあまり目立たせずに目標の歯並びに近づけるはずです。

 

骨格に問題がある場合や顎が変形しているケースも、専門の歯科医師に相談してください。

今は本当にいろいろな矯正法や治療法が発達しているので、以前は不可能だった症例でも無事に矯正できることも珍しくありません。

 

■まとめ


インビザラインが向いていない人もいることが分かりました。

しかし「向いていない理由」も様々あり、性格などが起因しているものなど、自分の努力次第で解決できる問題もありました。

 

多くの歯を抜かなくてはならない場合や歯を動かす距離が長い場合は難しく、インビザライン以外の矯正方法を見つけることになるでしょう。

 

人それぞれ歯並びや骨格は異なっているため、全ての人に最適な矯正治療方法はありません。自分に合った方法はどれなのかを知るためにも、歯科医院でのカウンセリングは必須です。そうすると、インビザラインが向いているのか向いていないのかが分かってきます。

 

オンラインWEB初診カウンセリングはこちらから

オンラインWEB初診カウンセリングはこちらから

みんなが矯正治療をはじめようと思ったきっかけは?

2023年4月28日

こんにちは。二子玉川駅前デンタルデザイン歯列矯正歯科です。

 

今回は、患者様が矯正治療を始めたきっかけについて、いくつかのケースをご紹介します。

矯正治療をしようか悩んでいる方は、ご自身がどのケースに当てはまるか考えながら、お読みになってみてください。

目次

■矯正をする方は何かのきっかけを持っている
■見た目のコンプレックスがきっかけになったケース
■痛み・それ以外の症状などがきっかけになったケース
■将来(婚活や終活など)がきっかけに
■年齢もタイミングも関係なくできるマウスピース治療
■まとめ

 

■矯正をする方は何かのきっかけを持っている


気軽に矯正治療ができる時代になりましたが、治療を完了させるには長期間かかります。また矯正治療をするには数十万円程度必要になります。そのため何かのきっかけがなければ通常は矯正をしようとは思いません。 

 

実際に今回調べてみますと、ほぼすべてのケースで何かきっかけがあったことが分かりました。その内容は、「コンプレックスが原因」「痛みや症状が原因」「婚活や就活を見据えて」など様々です。 

 

この記事を見てみると、「自分にも矯正治療をするべききっかけがあった!」と思われるかもしれません。 

 

矯正をする方は様々なきっかけを持っている

矯正をする方は様々なきっかけを持っている

 

■見た目のコンプレックスがきっかけになったケース


見た目のコンプレックスが原因で、インビザラインなどの矯正治療を行ったという事例が非常にたくさん見られます。 

  • すきっ歯が気になる
  • 歯列がガタガタ
  • 出っ歯だから恥ずかしい
  • 出っ歯というほどではないが横から見ると少し口元が出ている
  • 自分の歯並びが気に入らない

上記のようなコンプレックスに関するきっかけが元となり、矯正治療に踏み切った方が多いです。 

 

■痛み・それ以外の症状などがきっかけになったケース


矯正治療に踏み切るきっかけには、「必要性が高い」「それほど必要性が高くない」の2種類があります。痛みや症状が出ていて、矯正をすると状況が改善するならば、それは間違いなく「必要性が高い」と言えるでしょう。 

 

痛みを伴う病気や症状、痛みは伴わないものの口内のトラブル発生の要因となるものがある場合に、矯正治療を選択されるようです。 

 

代表的な症状などには、下記のものがあります。 

  • 過蓋咬合
  • 受け口
  • 交叉咬合
  • 口臭の発生

など 

 

病気のほかに、口内の悩み事でもある口臭がきっかけになるケースも多いです。 

矯正治療により痛みが改善したり、解消するのであれば、素敵なことですね。 

 

■将来(婚活や終活など)がきっかけに


今は歯並びが悪くても何も困っていなくても、将来について考えると不安になるかもしれません。歯科矯正をはじめたきっかけを調べてみると、将来(婚活や終活など)のことを考えてというケースもかなり目立ちました。 

 

婚活や就活が代表的な将来の不安として挙げられます。婚活は見た目も成否に大きくかかわるので、確かにこれを機会に歯科矯正を始める気持ちも分かるでしょう。 

 

そして就活もある意味では見た目が結果を左右することもあります。歯並びの悪さが婚活ほど大きく影響は与えませんが、将来を見据えて大学生や専門学校生のうちに矯正治療をするのも良いと思います。 

 

■年齢もタイミングも関係なくできるマウスピース治療


歯の矯正治療は子供向けと思われがちですが、大人の方も当然可能です。昔に比べると治療方法が多様化し、様々あるバリエーションの中から自分の生活リズムや職業などに合わせて矯正方法を選びやすくなりました。 

 

マウスピースによる治療は忙しい大人でも気兼ねなく開始でき、大事な仕事の際やイベント時などには取り外すこともできます。メンテナンスが必要なマウスピース矯正は、自分での管理がしっかりとできる大人にピッタリの方法です。 

 

年齢を重ねるといろいろな悩みが出てきてしまい、歯並びの問題も同様です。「治したくてもワイヤーを使った治療だと難しい」という方にも向いています。年齢を気にする必要もなく、自分のタイミングで始めやすい点も魅力です。 

 

上記したように「きっかけ」は本当にたくさんあります。人生を楽しむためにも、一度カウンセリングだけでも受けてみてはいかがでしょうか。 

 

マウスピース矯正は年齢を気にせず自分のタイミングで始めやすい

マウスピース矯正は年齢を気にせず自分のタイミングで始めやすい

 

■まとめ


矯正治療を今現在、もしくは過去に経験したという方も数多いです。きっかけは人によって違い千差万別ですが、大きく分類すると「コンプレックスが原因」「痛みや症状が原因」「婚活や就活を見据えて」のいずれかに入ることが多いです。 

 

当院で矯正治療をされる患者様のきっかけも様々。誰かと同じ理由である必要はないため、少しでも興味がおありでしたら、お気軽にお問い合わせください。安心していいただけるような場所づくりをし、そしてカウンセリングにも力を入れています。患者様の質問に対して誠心誠意回答し、矯正に関する様々な事柄をお伝えしています。プライベートにも配慮していて、相談に加えて診断も無料です。 

 

インビザラインというマウスピース矯正治療が可能で、歯を抜かない矯正プランや部分矯正などにも対応しています。治療費は安心の明朗会計で、定額制を採用しています。 

 

何か気になることがございましたら、今がその時かもしれません。 

 

オンラインWEB初診カウンセリングはこちらから

オンラインWEB初診カウンセリングはこちらから

矯正って口臭がきつくなるの?予防方法はある?

2023年3月31日

こんにちは。二子玉川駅前デンタルデザイン歯列矯正歯科です。

 

歯科矯正中に口臭が発生することを心配される方も多いですが、適切なケアで防ぐことができます。

今回は、歯科矯正による口臭やその予防について説明します。

目次

■矯正中には口臭はきつくなるの?
■自分でできる口臭確認方法
■矯正で口臭がきつくなる理由を紹介
■矯正中にできる口臭予防方法は?
■まとめ

■矯正中には口臭はきつくなるの?


歯科矯正をしていると、そうでない場合に比べて口臭がきつくなりやすいと言われています。 

様々な理由が考えられますが、例えばワイヤーなどの装具があるため歯磨きの精度が落ちてしまい、結果的に口内環境が悪化するというものです。 

 

その他には、装置が口の中に当たり傷ができて炎症などが起こり、口臭が起こるという可能性もあります。そしてそもそも矯正装置自体が汚れてしまっているケースも見られます。

マウスピースを使った歯科矯正であれば、歯磨きの際には取り外して磨くこともできます。しかしマウスピース自体が汚れていて菌が繁殖してしまっている可能性もありますよね。 

それ以外にも、マウスピースを使用した矯正をする場合は、かなりの時間装着する必要があります。結果として唾液による自浄作用が働きづらくなることも考えられます。 

 

以上のような原因により、歯科矯正中には口臭がきつくなることもあります。ですが全員がそのようになるわけではありませんし、デメリットよりもメリットが上回るからこそ矯正が人気を集めているのです。 

 

歯科矯正中の口臭は全員に発生するわけではない

歯科矯正中の口臭は全員に発生するわけではない

 

■自分でできる口臭確認方法


口臭の問題はかなり根深く、口が臭くても基本的には指摘してもらえないので、確認が難しいですよね。しかし自分でも気軽に行える口臭確認方法があるのでチェックしてみてください。 

 

最も簡単な確認方法は、口の中に指を入れて唾液を手に取り、嗅ぐというものです。もしこの段階でくさければ、恐らく口臭もあるでしょう。 

 

他にはマスクをして息が外に漏れないようにし、その状態で口から息を吐いて鼻でにおいを嗅ぐという方法も有名です。今はマスクをしている方も多いため、このやり方はかなり有用です。それ以外にも、ビニール袋などをマスク代わりにし、自分で口臭確認をするのもおすすめです。 

 

上記の方法はあくまでも数あるセルフ口臭確認方法のひとつにしか過ぎませんし、これで臭いに気づかなくても実際には口臭がある場合があります。 

注意したいのは寝起きなど、口の中が乾いている時にチェックをすると、「臭い!」と感じやすくなる問題です。寝起きの口臭は基本的に誰でもあると思うので、気にする必要はないでしょう。 

 

すでに述べたように、矯正中は口臭が発生しやすくなります。もともと口臭はなかったという方でも、念のためにチェックしてみてはいかがでしょうか。 

 

■矯正で口臭がきつくなる理由を紹介


歯科矯正により口臭がきつくなる理由を紹介していきます。 矯正を行う歯科医師は口臭に関することにも精通しているため、質問をして参考にするのがおすすめです。 

○矯正装置があることでブラッシングに影響

いろいろな歯科矯正のための装置があり、ワイヤーのように歯磨きの際に取り外せないものから、気軽に取り外してブラッシングが可能なマウスピース矯正もあります。用いられる装置によって異なりますが、装置があるせいで歯ブラシが様々な場所に届きにくくなり、歯垢などが溜まってしまい口臭が発生します。 

 

歯磨きの重要性は知れ渡っていますが、虫歯や歯周病予防の他にも、口臭を防ぐという役割があります。実際に歯科矯正を始める前は意識していなくても、矯正を始めた結果歯磨きの重要性を理解することになるでしょう。歯科矯正前よりも念入りにブラッシングすることが求められます。 

 

○矯正装置のケアをしていない

取り外しできるマウスピースの場合は、自分でも簡単に洗浄ができます。専用の洗浄液もお店で販売されており、きちんと行えば汚れを落とすだけでなく、雑菌対策にもなります。臭いの原因となる雑菌をケアによってしっかりと落とし口内に装着することが求められます。 

矯正方法も多様化しているので、ケアの方法も大きく異なります。ですから専門の医師にケアの方法も確認し、指示された通りに洗浄するようにしましょう。 

 

○口の中の乾燥による影響

歯科矯正をすると、普段とは噛み合わせが変わることから、口が開いてしまいがちになります。見た目が悪いだけでなく、乾燥の原因にもなるため、雑菌が繁殖しやすくなります。唾液は汚れなどを流し落としてくれて口臭予防にも役立ちます。しかし口内が乾燥している状況というのは乾燥しているということなので、口臭対策がうまくいかなくなってしまうのです。 

 

■矯正中にできる口臭予防方法は?


○正しい知識を身につける

歯科矯正を行う患者様の多くは矯正治療をはじめて行う方ばかりです。そのため矯正を行っている期間中の正しい口臭対策をご存知ないでしょう。
基本的には歯科医師からの指示を守っておけばある程度は口臭予防も可能でしょう。もちろんそれだけでは万全ではありませんが、正しい知識を身につけてそれを実践するのとしないのとでは、口臭の発生に大きな違いが出てきます。 

医師に口臭予防に関するアドバイスを求めるのもおすすめです。矯正の歯科医師はその分野に特化しているため、臭いだけではなく、より良い歯並びにするための知恵も授けてくれます。 

 

○1日3回丁寧に歯磨きをする

飲食をすると食べかすなどの汚れが歯に付着します。特にワイヤーを使った歯科矯正をしている場合にはその部分に汚れがつくでしょう。矯正治療をする前と同じように歯磨きをしているだけでは効果的でないことも多く、気づけばワイヤー部分が汚れていることもあります。汚れやプラークなどはにおいを発し、口臭の元になります。意識をしてきちんとブラッシングを行いましょう。 

 

しかし闇雲に強く磨けば良いわけではなく、力強く行えば歯茎を傷付けたり、ワイヤーにも影響を与えます。適度な強さで全体的にしっかりと磨き、鏡を見ながらワイヤーの部分も磨くようにしてください。自分に適した歯ブラシを使うことも重要です。 

 

インビザラインなどに代表されるマウスピースは歯磨きのときにしっかりと外してブラッシングをしてください。 

 

○唾液の分泌を促進させる

口の中が乾くと口臭が発生しやすくなりますので、唾液の分泌を促進させ、乾燥を防ぎましょう。唾液が循環することで、臭いの元となる菌や食べカスや汚れも洗い流してくれます。 

唾液を分泌させやすくするためには、水分摂取が不可欠です。その他には唾液腺と呼ばれる場所をマッサージすることも重要です。そうすれば口臭予防だけに限らず、口の中の不快感も防ぐことができます。 

 

矯正をしていても口臭を予防することは十分に可能です。自分ができることをしっかりと行えば、悩みの種でもある口臭予防が可能でしょう。 

 

口臭対策にはセルフケアも重要

口臭対策にはセルフケアも重要

 

■まとめ


今回は矯正中の口臭について書きました。 

いろいろな種類の歯科矯正があるので一概には言えませんが、共通するのは歯科医師の指示を守り、そして1日3回しっかりと歯磨きをするということです。 

 

その他にも口臭の原因やその対策を様々書きましたので、是非とも参考にしてみてください。 

 

当院では矯正期間中であっても取り外し可能なマウスピースを使った治療を行っているので、矯正中の口臭が気になる方も、ぜひ一度無料矯正相談にお越しください! 

 

オンラインWEB初診カウンセリングはこちらから

オンラインWEB初診カウンセリングはこちらから

歯並びが悪くなる癖や習慣

2023年3月24日

こんにちは。二子玉川駅前デンタルデザイン歯列矯正歯科です。

 

癖や習慣には、歯並びを悪くするものがあります。

今回は、それらについて詳しく解説します。

目次

■歯並びが悪くってしまう癖や習慣
■癖や習慣のほかにもこんな原因が…
■不正咬合の全身への影響
■まとめ

■歯並びが悪くってしまう癖や習慣


○舌癖

舌の動きや癖を意識して生活している人は少ないかもしれませんが、無意識に行っている動きや癖が歯並びに悪影響を及ぼすことがあります。舌の正しい位置は前歯の付け根の盛り上がっているところです。「スポット」とも呼ばれ、ここに舌がある状態が正常な状態です。このスポットと言われる場所に舌が収まらず、無意識に舌で前歯や特定の歯を押してしまうのが癖になっていると、歯に力がかかって、歯並びが悪くなってしまいます。 

 

○口呼吸

口呼吸は良くない、という言葉は多くの人が耳にしたことがあると思いますが、その理由のひとつが歯並びに悪影響を及ぼしてしまうからです。口呼吸が当たり前になっていると口をぽかんと開けたままの状態が長く続き、顎や舌の位置が下がってしまい、正しい位置からずれてしまいます。そうなるとお口の周りの筋肉のバランスが崩れてしまい、不正咬合を招く原因になってしまうのです。そのほかにも、口呼吸はお口の中が乾燥して唾液の量が減り、虫歯のリスクを高めてしまうリスクもありますよ。口呼吸をしてしまっている人は、少しずつ鼻呼吸ができるように意識してみましょう。 

 

○頬杖

何気なく多くの人がしてしまう仕草のひとつです。しかし、頬杖をついていると顎の関節や骨に力が強く加わってしまうため、不正咬合のリスクを高めてしまうと言われています。さらに、右、左、どちらかに偏って同じ方ばかり頬杖をついていると、歯列だけではなく左右の顔のバランスもずれてしまうので要注意ですよ。 

 

○噛み癖 

食べ物を食べる時の噛み方が不正咬合に影響を与えることもあります。右、左、奥歯、前歯と、偏った方で噛んでばかりいると顎や骨にかかる力が不均一になってしまい、歯並びが悪くなったり、あごが歪んでしまったりします。噛み癖の原因は虫歯や歯周病にあることも多く、無意識に痛くない方で噛んでしまう癖がついてしまっている可能性もあります。歯に違和感や痛みがあって噛み方に偏りがある場合は、痛みをなくす治療をして改善しましょう。左右均等な力で噛めるようになることは綺麗な歯列を維持するうえでとても大切なことですよ。 

 

○食いしばり・歯ぎしり

歯ぎしりや食いしばりは、強い力が歯に加わってしまうため、注意が必要です。歯に強い力がかかると歯に負担がかかり、歯列に悪影響を及ぼします。寝ている間に歯ぎしりをしてしまっている人も多く、無意識のうちにしてしまうという人も多く見られます。毎日続けてしまうと機能性の面でも負担が大きくなってしまうため、早い段階で歯科医院に相談するのが良いでしょう。 

 

○爪噛み

爪を噛むという癖は、子供に多いと思われがちな仕草ですが、大人になってからも治らない人がいます。爪を噛んでいる状態は歯に大きな力がかかってしまい、不正咬合になるリスクを高めてしまいます。また、歯列への影響だけではなく、周囲から見ても良い印象を与えないため、早めのうちに改善方法を見つけるのが良いでしょう。 

 

○食べるもの

固いものをさけ、やわらかいものばかりを食べていると顎を使わないため、顎が成長せずに小さくなってしまいます。そうなると歯が正しく並ぶスペースができず、歯列に悪影響を及ぼすことがあります。よく噛んで食べることは、胃腸への負担を軽減するだけでなく、審美性の面でも大きな影響があるのです。 

 

歯並びが悪くなる習慣は頬杖など様々

歯並びが悪くなる習慣は頬杖など様々

 

■癖や習慣のほかにもこんな原因が…


不正咬合のリスクを高める習慣や癖を紹介しましたが、そのほかにも虫歯や歯周病、親知らずや歯科治療の中断、お口周りの筋力低下などが原因となって引き起こされることもあります。虫歯や歯周病は、日頃から丁寧なケアと定期的な歯科医院での検診で予防し、もし治療中の歯がある場合は、途中で放置せずに必ず最後まで治療を行いましょう。 

 

歯の治療中を放置すると不正咬合のリスク

歯の治療中を放置すると不正咬合のリスク

 

■不正咬合の全身への影響


不正咬合を放っておくと、食生活や運動機能、健康面など、全身にも悪影響を及ぼします。 

歯列が凸凹だと磨き残しが多くなってしまい、隅々までブラッシングすることが難しくなります。汚れを十分に落としきれないことで雑菌が繁殖し、口臭の原因となります。それだけではなく、虫歯や歯周病のリスクも増加させてしまいます。さらに歯列が乱れていると、お口が開いている状態が続いてしまうため、口腔内が乾燥しやすくなり、唾液の量も減ってしまいます。唾液はさまざまな効果があるため、唾液の量が減ると必然的に口臭が強くなり、虫歯や歯周病のリスクも高めてしまうのです。 

 

また、噛み合わせが悪いと食べ物をきちんと噛み切ることが困難になるため、消化器官への負担も大きくなってしまい、身体の不調を招く危険性もあります。 

 

噛み合わせが悪いことから大きなコンプレックスを感じ、人前で笑えなくなったり、大きな声で話せなくなったり、人に会うのが嫌になったりと、精神的なストレスも大きくなってしまいます。歯列の状態によっては滑舌に影響を及ぼすこともあり、不正咬合は我々の生活に密接に関係しているのです。 

 

■まとめ


今回の記事では、不正咬合を招く習慣や癖、そしてそのほかの原因について詳しく解説しました。「これやってしまっていた…!」「よくない習慣だとは知らなかった」と、ハッとさせられた人もいたのではないでしょうか。癖や習慣は自分の体に染みついてしまっているものなので、治すのもなかなか難しいケースがあります。歯科医師や歯科衛生士から指導やアドバイスを受けて改善されることもありますよ。 

 

相談をして指導やアドバイスを受けることはもちろん、虫歯や歯周病の進行を防ぐためにも歯科医院での定期検診はとても大切です。面倒がらずに、定期的にプロにお口の中の状態を診てもらいましょう。 

 

また、不正咬合にも種類がありますが、ほとんどの場合、矯正治療を行うことで良くなります。歯列の状態やライフスタイルによってどんな矯正方法が向いているのかは変わってきます。 

 

担当医と相談しながら自分に合う方法を見つけていきましょう。当院では、人気のインビザラインをはじめ、裏側矯正やアンカースクリューを使う矯正など、幅広い治療方法をご提案しています。歯並びに関する悩みや不安をお持ちの人は当院にお気軽にご相談ください。 

 

公式ホームページからでも予約を受け付けております! 

 

オンラインWEB初診カウンセリングはこちらから

オンラインWEB初診カウンセリングはこちらから

不正咬合(悪い歯並び)の種類と全身に与える影響

2023年3月17日

こんにちは。二子玉川駅前デンタルデザイン歯列矯正歯科です。

 

この記事では、不正咬合(ふせいこうごう、悪い歯並び)による全身への悪影響と不正咬合の種類について解説します。

不正咬合は矯正治療で治せるので、まずは、お気軽にお問い合わせください。

目次

■不正咬合は全身に悪影響を及ぼす
■不正咬合の種類
■不正咬合は矯正治療で治せる
■まとめ

■不正咬合は全身に悪影響を及ぼす


不正咬合は、審美的な問題だけ、と捉えられがちですが、実は食生活や健康をはじめ、運動機能など、全身にも悪影響を及ぼしてしまいます。不正咬合が全身に与える影響は主に5つに分けられます。 

○口臭の原因になる

歯と歯が凸凹に入り組んでいると、歯ブラシをしても隙間や溝といった隅々までブラッシングすることが難しく、汚れを十分に取り除くことができません。その状態になると食べ物の汚れやカスがついたままになり、雑菌が繁殖し、口臭の原因となってしまいます。さらに歯並びが悪いと口がぽかんと開いた状態になることもあり、お口の中が乾いてしまい、これも雑菌が繁殖する原因になります。これは虫歯や歯周病の原因にもなりますが、口臭トラブルの原因にもつながってしまうのです。 

 

○虫歯・歯周病のリスクが高まる

不正咬合による大きな影響のひとつとしてあげられるのが虫歯と歯周病になるリスクの増加です。歯並びが悪いと磨き残しが多くなるのはもちろん、歯の隙間や溝に食べかすが詰まりやすくなってしまいます。歯が重なり合った箇所は磨ききれないため、どれだけ頻繁に歯磨きを行っても除去しきれずそのまま詰まった状態になってしまいます。そうなると当然虫歯や歯周病にとって好都合な環境が出来上がってしまい、リスクも高まります。さらにお口の中があいた状態のままでいることで、乾燥してしまい唾液の分泌量も減ってしまいます。唾液には虫歯や歯周病の原因を洗い流す役割もあるため、唾液の量が減って働きが低下すると、虫歯や歯周病も進行しやすくなってしまいます。 

 

○胃腸への負担が大きくなる

正しい噛み合わせではないと噛み合わせが悪くなり、食べ物を噛み砕いたり噛み切るということが正しく行えなくなります。人間の体は噛むことで唾液の分泌して食べ物を消化しやすい状態にしています。そうして胃や腸などの消化器官に送られるため、唾液の分泌量が減ってしまうと食べ物を消化する力も弱まってしまうのです。 

 

○歯が欠けたり折れてしまう

噛み合わせが凸凹していると一部の歯に集中的に強い力がかかってしまいます。強い力が継続的に加わった歯は大きな負担を受けるため、やがて欠けてついには折れてしまうという事態になることもあります。また、歯並びが悪く噛み合わせが良くないと歯同士が強く擦れ合ってしまうため、歯茎が傷ついたりするリスクも懸念されます。 

 

○精神的なストレスが大きくなる

噛み合わせの悪さや歯並びの悪さは、精神的にも負担が大きくなります。歯並びが悪いので人前で歯を出して笑えない、口を手でおさえてしまう、口を開けるのが嫌になるなど、歯並びが良い人と比べると自分の見た目に強いコンプレックスを感じてしまいます。 

 

○滑舌が悪くなる

歯並びが悪いことで滑舌が悪くなってしまうということも多く見られます。滑舌の悪さを気にして声を出せなかったり、人と話すのが億劫になってしまうケースもあり、歯並びの悪さは人々の生活に密接に関係していると言えます。 

 

不正咬合は審美的問題・食生活や健康・運動機能等に悪影響

不正咬合は審美的問題・食生活や健康・運動機能等に悪影響

 

■不正咬合の種類


○叢生(そうせい)

別名「乱ぐい歯」とも呼ばれ、隣同士の歯が重なり合って乱れた状態をあらわします。日本人でも特に多い不正咬合の種類で、「八重歯」もこれにあたります。顎が小さくて歯が生えてくるスペースが十分にないところに無理矢理歯が生えてきてしまうことが原因と考えられています。 

 

○上顎前突

下の歯に比べて上の歯が前に突き出しているような状態をさし、「出っ歯」のこれにあたります。歯だけが前に出ていることもあれば、上顎も一緒に突き出ている場合もあります。歯が前に出ていることで唇を閉じていることが難しく、お口の中も乾燥しやすくなります。また、見た目にも影響の出やすい不正咬合だと言えるでしょう。 

 

○下顎前突

別名「反対咬合」とも言い、下顎の前歯が上顎の前歯よりも前に突き出ている状態をさします。原因は指しゃぶりや顎の成長、前歯の角度異常など、さまざまなものが考えられます。一般的に下顎前突は「受け口」「しゃくれ」などとも呼ばれています。 

 

○開咬

別名「オープンバイト」とも呼ばれ、奥歯の歯を噛み合わせても前歯が閉じない状態をさします。どうしても前歯がうまく噛み合わないため、食べ物を噛みちぎることがむずかしく、滑舌にも影響しやすい不正咬合になります。さらに、奥歯が噛み合うことで自然とそこに力が集中してしまい、奥歯が割れたり欠けたりするリスクもあります。遺伝的要因のほかにも、小さい頃の指しゃぶりが原因になっていることも多いです。 

 

不正咬合は叢生・上顎前突・下顎前突・開咬の4種類

不正咬合は叢生・上顎前突・下顎前突・開咬の4種類

 

■不正咬合は矯正治療で治せる


不正咬合は矯正治療を行うことで、ほとんどの場合治すことができます。矯正治療の種類にはワイヤー矯正やマウスピース矯正などの種類があり、歯列の状態によって何が適しているのかはそれぞれです。 

 

不正咬合はほとんどの場合に矯正治療で治せる

不正咬合はほとんどの場合に矯正治療で治せる

 

■まとめ


今回の記事では、不正咬合の種類について解説してきました。自分の歯並びが悪いと自覚はしていても、どんな名称があるのか、どれに当てはまるのかまでは分からなかったりしますよね。この記事を読んでいただいたことで、自分は歯並びが悪いのか、悪いとしたらどれに該当するのかを理解していただけたのではないでしょうか。不正咬合は矯正治療を行うことで、改善されるケースがほとんどです。歯列の状態によってワイヤー矯正かマウスピース矯正どちらが適しているかは変わってきます。 

 

自分の歯列の状態を把握したうえで、矯正治療に関する自分の要望を歯科医師に相談し、慎重に決めていきましょう。なかでも最近人気を集めているインビザラインは、信頼と実績があり、痛みが少ない、見た目が気にならないなどメリットも大きな矯正治療の方法で、当院でもご提案が可能です。 

 

そのほかにも歯の裏側に矯正装置を装着して行う裏側矯正、アンカースクリューを使う矯正など、いろいろな矯正治療方法の提案ができます。患者様の要望やお悩みを聞きながら、より適した矯正治療の方法を選択させていただきます。歯並びに関する不安や悩みがある人はぜひ当院にお気軽にご相談ください。 

 

公式ホームページからでも予約を受け付けております! 

 

オンラインWEB初診カウンセリングはこちらから

オンラインWEB初診カウンセリングはこちらから

インビザラインの歴史や誕生したきっかけ。メリットは?

2023年3月10日

こんにちは。二子玉川駅前デンタルデザイン歯列矯正歯科です。

 

この記事では、インビザラインの歴史をご紹介致します。

インビザラインはマウスピース矯正の1種で、近年、人気がある治療法です。

併せて、インビザラインのメリットについても解説いたします。

目次

■インビザラインがうまれたのはアメリカ合衆国
■アライン・テクノロジー社とは
■変化を続け、進化していくインビザライン
■インビザラインの仕組み
■インビザラインのメリット
■まとめ

■インビザラインがうまれたのはアメリカ合衆国


インビザラインはアメリカで1997年に、アライン・テクノロジー社という会社で誕生しました。まずはじめに米国の矯正歯科医師を対象とし、1999年に提供が開始されました。その後、どんどんと世界的に展開されていき、現在すでに100か国以上の国々で使用されており、インビザラインで治療した患者様の人数は2021年時点で1000万人を越えています。 

 

開発社のアライン・テクノロジー社のグループ会社にあたるインビザライン・ジャパン株式会社が、インビザラインには欠かせないiTero(デジタル印象採得装置)エレメントの販売と同時に、インビザラインでの矯正治療方法を日本の歯科医師に提供し、日本では2006年から本格的にインビザラインが展開されはじめました。 

 

インビザラインは1997年 (米) アライン・テクノロジー社で誕生

インビザラインは1997年 (米) アライン・テクノロジー社で誕生

 

■アライン・テクノロジー社とは


アライン・テクノロジー社の設立は1997年で、スタンフォード大学の卒業者であるZia Chishti(ジア・チシュティー)氏とKelsey Wirth(ケルシー・ワース)氏が起業して作られた会社です。ジア氏はパキスタン系のアメリカ移民であり、自身も当時ワイヤー矯正で歯列矯正をしていたそうです。その治療完了後に保定期間に装着するマウスピース型のリテーナー(保定装置)を渡され、「これはいい。これで歯を動かせないだろうか」という考えに至ったことがきっかけです。マウスピースを用いた矯正治療の可能性を感じたジア氏はさっそくケルシー氏に話を持ちかけたそうです。これが後に世界的に名の知れた会社となるアライン・テクノロジー社のはじまりです。 

 

インビザラインは歯科治療において使用されるものであり方法も近代的なため、会社の設立も歯科医師によるものだと思われていますが、実はそうではなく、スクールに通う当時学生だった2人によってビジネスが立ち上げられたのです。 

 

1997年、アライン・テクノロジー社が2人の学生により誕生

1997年、アライン・テクノロジー社が2人の学生により誕生

 

○マウスピースで歯を動かすという発想自体は存在していた

先ほどジア氏がマウスピースを用いて歯列矯正はできないかと考えたことがきっかけとお話しましたが、この発想自体は元々存在しており、彼の発案ではありません。例をあげると日本でも吉井修先生によって作られたソフトリテーナーなどにおいても臨床的に応用されています。 

 

○アライン・テクノロジー社が行った新しいこと

マウスピースで歯を動かすという方法は新しいものではありませんでしたが、ジア氏とケルシー氏がつくったアライン・テクノロジー社はその発想に「コンピューターではじめから装置をデザインする」という新しい発想をくわえました。 

 

これらを実現するためにプラスチックとメカニクスの専門家を新たに迎え、コンピューター上で解析できる矯正器具のデザインや、下顎を咬頭嵌合位より前方に誘導するためのスプリントの仕組みを組み込むなど、次々と新しい技術を実現していきました。 

 

後にデジタル変革をさらに進めるために、Cadent社を買収し、iTeroスキャナーをアライン・テクノロジー社独自のものとしました。 

 

■変化を続け、進化していくインビザライン


2006年に日本で展開されはじめたと説明しましたが、実は当時開催された認定セミナーでは多くの矯正歯科医師が否定的な意見を持っていたと言われています。今となっては治療の実績も多く、信頼も厚いインビザラインですが、当時は治療のクオリティも良いものとは言えず、採用できないと判断されていました。しかし、その後インビザラインはどんどん変化を続けてよりよい新しいものへと進化していき、従来のワイヤー矯正と全く遜色のない症例も多くなっていきました。 

 

これを受け、日本でも本格的に導入されるようになり、今ではとても人気を集める矯正治療方法となっています。現在でもインビザラインの進化は止まることはなく、日々適応症例も増えてきています。 

 

現在もインビザラインは進化しており適応症例が増えている

現在もインビザラインは進化しており適応症例が増えている

 

■インビザラインの仕組み


インビザラインはマウスピース型の矯正装置を装着することで歯に矯正力をかけ、ゆっくりと適切な位置へと歯を動かしていきます。歯が動く仕組み自体は、ワイヤー矯正と変わりませんが、力のかけ方が異なってきます。 

 

インビザラインは口腔内の歯列のデータを、専用ソフトiTeroを用いて解析し、理想の歯列を最終着地点に設定します。現状の歯並びから理想の歯並びへ向かうために段階的にマウスピースを制作し、1週間〜2週間に1回くらいの頻度で新しいものへ交換していきます。 

 

マウスピースは理想の歯列へと少し進んだ状態のものを装着するため、現在の歯にギャップが生まれ、そのギャップによって歯に矯正力がかかります。歯は目で見てもわからないほど毎日ゆっくりと移動していくため、毎日20〜22時間以上と定められた装置時間を守るということがとても重要です。外している状態では力がかからない状態になってしまうため、取り外している時間は最小限に抑え、持続的に適切な矯正力をかけ続けることが大切なのです。 

 

■インビザラインのメリット


インビザラインのメリットは以下のようなものがあります。 

  • 取り外しができるので食べ物を食べるときに不自由がない
  • ワイヤー矯正と比べると痛みが少ない
  • 矯正装置が透明なので目立たず、周囲に気づかれにくい
  • コンピューター上で治療の流れや最終着地を見られる

 

■まとめ


今回の記事では、近年人気を集めているインビザラインの歴史や開発した会社についてご紹介してきました。インビザラインはほかのマウスピース矯正と比較すると実績も多く、世界的に信頼のあるマウスピース矯正方法です。 

 

従来のワイヤー矯正と比べると、まだ新しい矯正方法なので「きちんと歯は動く?」「治療期間が長くならないかな」など、不安を持ってしまう人も多いですよね。しかし、この記事でも紹介したように、インビザラインは世界的に認められており、「マウスピース矯正をするならインビザライン一択!」という意見も多く見られます。 

 

コンピューターシステムを活用するのでより綿密な治療計画も可能で、治療の流れを目で見ることができるのは安心にも繋がります。 

 

当院では、この記事で紹介したインビザラインでのマウスピース矯正はもちろん、歯の裏側に金具を装着して行う裏側矯正やアンカースクリューを使用する矯正など、さまざまな矯正治療方法をご提案しております。患者様の歯列の状態や悩みに応じて、より適した方法を選択できます。 

 

歯並びに関する悩みがある人や、 歯列矯正を検討している人は、ぜひお気軽にご相談ください。 

 

当院では公式ホームページからでも予約を受け付けております。 

 

オンラインWEB初診カウンセリングはこちらから

オンラインWEB初診カウンセリングはこちらから

インビザラインで歯が動く仕組み

2023年3月3日

こんにちは。二子玉川駅前デンタルデザイン歯列矯正歯科です。  

 

この記事では、インビザラインで歯列矯正を考えている人に向けて、インビザラインで歯が動く仕組みについてご紹介致します。 

併せて、インビザラインとはどのような矯正方法なのか・どの程度歯が動くのか・治療期間はどのくらいかなどについても解説します。

目次

■矯正治療でどのように歯は動く?仕組みは?
■アメリカで産まれた「インビザライン」
■インビザラインで歯が動く仕組み
■インビザラインでどのくらい歯が動く?
■インビザラインの装着時間や治療期間はどのくらい?
■装着時間が不足しないためにできること
■まとめ

■矯正治療でどのように歯は動く?仕組みは?


矯正治療で歯が適切な位置へ移動するのは、機械的な刺激に対し、歯を支える組織が反応することで起きる現象です。組織のなかでも、歯と歯槽骨をつなぐ一層の膜である「歯根膜」が重要な役割をもっています。歯根膜は繊維性の、細かい結合組織で構成されているため、数々の細胞が多く含まれています。歯に矯正力がかかった際これらの細胞が関与し、移動していきます。 

 

歯に矯正力のような一定の力がかかると、歯槽骨の中に入っている歯は、歯槽骨に圧迫される方と引き寄せられる側にわけられます。圧迫された方は歯根膜も同様に圧迫され、血流障害が生じます。血流障害の中でも充血帯では、血管の透過性が加速し、破骨細胞が集積し、この破骨細胞により骨吸収が促され、歯根膜の繊維を再形成したり、再配列しながら歯が移動していきます。 

 

一方引き寄せられる方では、歯根膜が大きくなり歯根と歯槽骨をつないでいる歯根膜繊維が引き寄せられている状態となります。こうなると繊維の間にある血液が亢進し、歯根膜にある間葉系細胞が新しいセメント質や骨、歯根膜を形成します。 

 

こうして歯に一定の圧力(力)がかかると、歯周組織は、吸収と形成を繰り返し、それに伴って歯が移動していくのです。早く移動させたいからと適切な力以上の強い矯正力をかけると、歯槽骨にもダメージを与えてしまうリスクもあがり、歯根吸収を起こす可能性も出てきます。 

 

矯正は機械的な刺激に対する歯を支える組織の反応を利用

矯正は機械的な刺激に対する歯を支える組織の反応を利用

 

■アメリカで産まれた「インビザライン」


1997年にアメリカのアライン・テクノロジー社で開発されたインビザラインという歯列矯正の治療方法は、日本では、2006年から行われるようになりました。一般的に広く知られている従来のブラケットやワイヤーを用いたワイヤー矯正とは異なり、患者様の歯型を参考にプラスチック製の透明なマウスピースをつくり、装着することで歯列を整えていきます。治療をはじめる前に現在の歯の状態や、治療中の歯の動きなどをコンピューターでシミュレーションできるため、歯科医師も患者様も治療の効果をイメージしやすいという特徴があります。 

 

メリットとしては「取り外し可能なので食べ物の制限がなく、生活にストレスを感じにくい」「痛みが少ない」「矯正装置が透明なので目立ちにくく、周りにも気づかれにくい」などがあげられます。しかし、適応不可とされるケースもあるほか、ワイヤー矯正よりも徹底した自己管理が必要になります。 

 

インビザラインはアライン・テクノロジー社 (米) で開発された

インビザラインはアライン・テクノロジー社 (米) で開発された

 

■インビザラインで歯が動く仕組み


従来のワイヤー矯正と歯が動く仕組み自体は変わりませんが、力のかけ方が少々異なります。 

インビザラインではお口の中の歯列のデータを専用ソフトで解析・分析し、理想とする歯列を最終的な着地点として設定します。治療前の現状の歯並びから理想とする歯並びに向かって、マウスピースを段階的に数個〜数十個つくり、1週間〜2週間に1回の頻度で新しいものへと交換していきます。 

 

それぞれのマウスピースは、現状の歯列よりも少し進んだ理想の歯列に近い形をしているため、そのギャップによって歯に力がかけられます。SmartTrack素材という特殊かつ強化なプラスチックが使用されているため、弱い力を持続的にかけることで歯を動かすことができます。移動の量を調整しやすいため、ワイヤー矯正で懸念される歯根吸収のリスクもほとんどないのも特徴です。 

 

■インビザラインでどのくらい歯が動く?


一般的な矯正装置で歯を移動できる量は、平均1ヶ月で1mm前後と言われています。インビザラインでは透明のマウスピース型矯正装置を1〜2週間程使用し、移動量は1枚あたり最大0.25mmほどと言われています。1週間使用した場合、単純計算すると1日あたり0.036mm歯が動くことになり、目で見てわかる動きではなく、毎日ゆっくりと移動していきます。 

 

定められた装置時間を守り、毎日マウスピースを装着するという積み重ねにより、治療計画通りに歯が動きます。歯は一気に移動するわけではないため、持続的に適切な矯正力をかけ続けることが大切なのです。 

 

■インビザラインの装着時間や治療期間はどのくらい?


インビザラインで使用するマウスピースは、1〜2週間ごとに、新しいものと交換します。マウスピースの1日あたりの装着時間は、20時間〜22時間以上必要とされており、1日は24時間と考えると、歯磨きなどのケアをするときや、食べ物を食べる時以外は装着しているようになります。 

 

22時間の装着が長いと感じる人も多いかもしれませんが、矯正治療では、持続的に矯正力をかける必要があります。装置を外している時には力がかからないため、矯正力もなくなり、元の歯並びに戻ろうとする力が働いてしまいます。 

 

インビザラインの治療期間は、個人差が大きく影響しますが、平均すると、短い場合で1年半、大体の場合、2〜3年かかるのが一般的と言われています。 

 

■装着時間が不足しないためにできること


治療を計画通り進めるためには、マウスピースの装着時間を守ることが大切です。装着時間を守るための対処法としては下記のようなものがあげられます。 

  •  歯磨きの時間が増えてしまい、装着時間が減る人は、色の濃い飲み物はストローを使用するようにする 
  •  自己管理に苦手意識がある人は、携帯のアラームやリマインダーを活用して時間管理を行うようにする 

 

■まとめ


今回はインビザラインで歯が動く仕組みや治療期間について詳しくご紹介してきました。インビザライン治療は取り外しができ、自由度も高い分、自己管理がとても大切になる矯正方法です。この記事で紹介したように、ゆっくりと時間をかけて少しずつ歯を動かすことで歯列を整えていくため、装着時間を守らないと当初の治療計画通りに進まなくなり、治療期間が延長されたり、期待通りの効果が得られなくなるといったリスクが高くなります。 

 

「自己管理をする自信がない」「強制的に装置をつけられている方が安心できる」という人は、ワイヤー矯正の方が向いているかもしれません。矯正治療を検討している人は、まずは歯科医院で無料相談やカウンセリングを受け、歯科医師とじっくり相談しましょう。 

 

当院では、インビザラインでの矯正はもちろん、裏側矯正やアンカースクリューを使用する矯正など、患者様のさまざまなご要望やお悩みに応じて、適している矯正治療を提案しております。 

 

歯列に関する悩みがある人や、 矯正治療を検討している人は、ぜひお気軽にご相談ください。 

 

当院では公式ホームページからでも予約を受け付けております。 

 

オンラインWEB初診カウンセリングはこちらから

オンラインWEB初診カウンセリングはこちらから

矯正治療の医療費控除について。要件や手続き方法

2023年2月24日

こんにちは。二子玉川駅前デンタルデザイン歯列矯正歯科です。  

 

近年、歯列矯正が身近なものとなり、矯正治療を希望する患者様も増えてきています。「自分のコンプレックスを治したい」「歯並びを整えたい」など、矯正治療は、さまざまなお悩みを改善できる有効な治療方法です。 

 

しかし、歯列矯正は一般的な歯科治療と比べると、基本的に保険適用外となるため治療費は高額になってしまいます。そんな治療費を軽減するうえで多くの人が検討する方法として医療費控除があります。 

 

この記事では医療費控除の仕組みをはじめ、どんな歯列矯正が医療費控除の対象となるのかを解説していきますよ。 

目次

■なぜ矯正治療は保険適用外?保険が適用されるケースは?
■医療費控除とは
■矯正治療が医療費控除になるケース
■医療費控除を受けるための手続き
■まとめ

■なぜ矯正治療は保険適用外?保険が適用されるケースは?


歯周病や虫歯など、一般的な歯科治療には保険が適用されますが、歯列矯正では基本的に保険は適用されません。これは自由診療とも呼ばれ、全額自己負担となるため、治療費は高額になります。では一体どんなケースであれば保険が適用されるのでしょうか? 

 

矯正治療は「見た目を改善したい」「噛み合わせをよくしたい」など、審美的な面と機能的な面での改善を目的として行う人が多いですが、こういった場合には、適用されず、矯正治療によって病気を防いだり改善したりできると判断された以下のような場合のみ、適用されます。 

  • 口腔内に生まれつき先天性の異常が見られる場合
    厚生労働大臣が定める61の疾患に該当し、それらを改善、あるいは防ぐために行われる矯正治療の場合は保険が適用されます。 
  • 顎変形症と判断される場合
    顎の形もしくは大きさ、位置などが著しく異常であると判断され、顎離断などの手術が必要となる場合、手術前や手術後に行われる矯正治療には保険が適用されます。 
  • 前歯と小臼歯の永久歯の3歯以上の萌出不全で噛み合わせの異常が起こっている場合
    上記のケースで噛み合わせに異常があり、埋伏歯開窓術が必要になる場合に限ります。これを改善するために行われる矯正治療においては保険が適用されます。 

上記の条件を満たし、歯科医師が診断したものに限り、公的医療保険が適用されます。しかし、適応される条件などは細かく限定されてしまうケースもあるので、自分が矯正治療を受けたいと考えているお近くの歯科医院に相談したり、事前に調べておくのが良いでしょう。 

 

矯正治療で病気を防ぐ・改善できると判断された場合は保険適用

矯正治療で病気を防ぐ・改善できると判断された場合は保険適用

 

■医療費控除とは


医療費控除とは、患者様、または患者様と生計をひとつにしている家族が1年間に支払った医療費が10万円を越える場合に適用される仕組みで、適用されると税金が還付、もしくは減税される制度です。年間の所得が200万円未満の場合、所得金額×5%が基準額になり、超過分に対して控除が適用される仕組みになっています。 

 

こちらの記事は矯正治療と医療費控除について説明しておりますが、医療費控除は、もちろん矯正治療以外にかかった医療費も対象となり、ほかの医療機関で支払った医療費も合算できるようになっています。生計をひとつにする家族がいる場合は、ご家族全員の医療費を合算し、その合計額で申請できます。 

 

医療費控除は控除の対象となる場合、納税先の税務署で確定申告を行うと、その年に収めた税金の一部が還付されるようになっています。確定申告を行うためには領収書が必要不可欠ですので、医療費がかかった際は、大事にとっておくようにしましょう。 

 

*忘れても大丈夫。医療費控除は5年前まで遡って申請できる! 

 

医療費控除は5年前まで遡って申請できるため、その年に申告し忘れてしまっても、医療費控除を受けることは可能です。確定申告は期限が定められているため、確定申告するのをつい忘れてしまったというケースも少なくありませんが、焦らずに領収書を整理して申告しましょう。また「医療費控除について知らなかった」という人も、大きな治療を受ける際は必ず領収書をとっておく習慣を身につけましょう。 

 

医療費控除は税金が還付もしくは減税される制度

医療費控除は税金が還付もしくは減税される制度

 

■矯正治療が医療費控除になるケース


上手に活用した医療費控除ですが、矯正治療すべてが医療費控除になるわけではありません。表情や口元など、お顔の審美的な美しさを目的とした矯正治療の場合は、医療費控除の対象にはならないので注意が必要です。 

 

お子さまの成長期における、成長誘導や顎の発育誘導をはじめ、機能的な面で問題があると判断され、それらを改善するための矯正治療であれば医療費控除を受けることができます。つまり、年齢を含め矯正治療の目的が何かも重要になってくるのです。 

 

医療費控除が適用される場合、矯正治療を行うための通院費(交通費)も控除の対象となります。小さなお子さまの矯正治療の場合、付き添われるご両親の通院費も含まれるので、領収書や診察券で通院日を確認できるようにしておきましょう。 

 

また、医療費控除を受ける際は前提として、 

  • 納税者が、患者様又は患者様と生計をひとつにする者のために支払った医療費であること 
  • その年の1月1日から12月31日までの期間に支払った医療費であること 

これら2つの要件を満たす必要があります。 

 

歯列矯正をした場合に医療費控除を受けられるものは以下の通りです。

  • 成人であれば、機能の回復を主な目的とする矯正治療。治療を開始する前に行う、診察料や検査料、抜歯の費用なども含め、矯正治療を行うためにかかった医療費すべてが対象となります。  
  • 矯正治療を行うために必要とした、公共交通機関の利用料や、タクシー代などの通院費。小さなお子さまや付き添いを必要とする人の場合は、付き添う人の通院費も含まれます。 
  • 矯正治療を行うにあたり、必要とされる医薬品の購入代金。 

 

■医療費控除を受けるための手続き


医療費控除を受けるために用意するものは主に下記の通りです。 

  • 確定申告書(還付申告書) 
  • 源泉徴収票※給与所得者の場合 
  • かかった医療費を証明できる領収書 
  • 通帳や印鑑 

給与所得者と、そうでない人とでは手続きが少々変わります。給与所得者の場合は源泉徴収票の原本と還付申告書、領収書を納税先の税務署に提出します。 

 

給与所得者ではない人は、確定申告書(所得税)の該当する箇所に医療費控除に関する記入欄があるため、そこに必要事項を記入し、納税先の税務署に提出しましょう。領収書などの医療費を証明するものは、提出する申告書に添付、もしくは提出する際に提示する必要があります。 

 

医療費控除を受けるために確定申告する

医療費控除を受けるために確定申告する

 

■まとめ


今回は歯列矯正と医療費控除についてお話してきました。矯正治療は治療後のメリットも多く、機能性、審美性共に得られる効果が大きい治療方法ですが、治療費が高額ということもあり、負担も大きくなってしまいます。 

 

治療費を少しでも軽減するために、医療費控除を上手に活用するのがおすすめです。医療費控除についてもっと詳しく知りたいという方は納税先の税務署に問い合わせたり、または国税庁のホームページを見ると詳細を知ることができますよ。 

   

当院の矯正治療では、マウスピース矯正で人気のインビザラインや目立たない裏側矯正、アンカースクリューを使用した矯正など、患者様の要望やお悩みに応じて数々の矯正治療をご用意しております。みなさまの歯の機能性と美しさを回復させるため、全力でサポートさせていただきます。 

  

矯正治療をお考えの人は、ぜひ当院にお気軽にご相談くださいませ。 

 

公式ホームページからでも受け付けております!  

 

オンラインWEB初診カウンセリングはこちらから

オンラインWEB初診カウンセリングはこちらから

 

 

年齢別の歯列矯正。早い方が良いは本当?

2023年2月17日

こんにちは。二子玉川駅前デンタルデザイン歯列矯正歯科です。  

 

昔よりも歯列矯正が身近なものとなり、広告やSNSで見かける機会も増えてきています。「矯正治療をして歯並びを良くしたい」「コンプレックスを治したい」など、矯正治療を考え始めている人も多いのではないでしょうか。 

 

矯正治療のお悩み相談では、しばしば年齢に関する不安や悩みを見かけます。「今からはじめても遅くないの?」「早い方が良いと聞くけど本当?」など、今回の記事ではよくある質問に関して解説していきます。併せて矯正治療の種類についても紹介するのでぜひ参考にしてみてくださいね。 

目次

■年齢別で見る歯列矯正
■矯正治療の種類
■まとめ

■年齢別で見る歯列矯正


○〜6歳まで

未就学児に行う矯正治療の主な目的は、口呼吸の改善や舌癖の改善がほとんどです。 

口呼吸が当たり前になってしまうと、出っ歯になるリスクが高まり、舌で歯を押す癖があると、歯が前の方に倒れ、すきっ歯になってしまいます。未就学児は自分で意識して生活するのがむずかしいため、改善はもちろんですが、今後の予防も兼ねて矯正治療が行われることが多いです。 

 

しかし、矯正治療は時間もかかり、毎日のケアも必要不可欠です。ご両親が「矯正治療をしてあげたい」と思っていても、当人にやる気がなく面倒に感じてしまうと望ましい結果を得られなくなってしまいます。ご家族のサポートも重要になるため、負担も多くなる可能性があります。そのため、あまり余裕がない場合は無理してこの時期に行うのは避け、小学生になってから開始するのがおすすめです。 

 

○小学生

小学生の時期になると、顎の骨が成長してくる時期に入ります。そのため、矯正治療の目的は、顎の骨の成長の促進及び抑制、前歯の先端から奥歯の外側にかけての曲線歯列弓)を拡大すること、身についてしまっている悪週間の改善などになります。 

 

小学生で矯正治療を開始する場合は、取り外しできるもの、取り外しできないもの、どちらの矯正装置も使用します。本人の歯並びの状態を見極めて、より適していると判断したものを使用するため、同じ小学生や似ている症例でもまったく違う矯正装置を使用するケースもあります。とはいえ矯正の種類に関する要望や相談は担当医に伝えることで希望に沿ったもので治療できることもあるので、一度お話ししてみると良いでしょう。未就学児よりもある程度学習能力が身につきますが、この時期もまだご家族のサポートや管理が重要です。 

 

小学生の矯正目的は顎骨の調整・歯列弓拡大・悪習慣改善など

小学生の矯正目的は顎骨の調整・歯列弓拡大・悪習慣改善など

 

○中高生

中高生で矯正治療を受ける場合、基本的には成人の矯正治療と目的は変わらず、適切な位置へ歯を移動し、歯列を整えることが最終目標となります。一般的に矯正治療ではこの時期が一番治療をはじめるのに適している時期と言われており、通院できる時期を考慮して選ぶことで、集中して治療を行えるため、高い治療効果が短期間で得られる可能性が高いとされています。 

 

しかし、年齢としてみた場合に適していても、中高生は学校の行事や部活、受験、留学など、環境の変化もある時期です。そのため、状況が変わる影響を受けてしまう人は治療の進捗が遅れてしまうこともあります。この時期になると自己管理もある程度できるようになりますが、食べる物などの配慮においてはご家庭でのサポートは引き続き大切になります。 

 

○成人

成人後に行う矯正治療の目的は、歯を正しい位置へ移動することになります。歯を適切な位置に動かすことで、歯列が整って噛み合わせがよくなるほか、見た目が美しくなるなど、審美的な面でもメリットがあります。 

 

しかし、成人以降に治療を開始する場合、抜歯の有無や虫歯および歯周病の治療が必要になるケースも多いため、一般歯科との連携も必要不可欠になります。また、治療前だけではなく、矯正治療が終わった後に被せ物のやり直しが必要になったりすることもあります。一般歯科も矯正も同時に行える歯科医院であればスムーズですが、そうでない場合は、ご自身のかかりつけ歯科医と連帯をとり、情報共有をするなど、治療計画をスムーズに進めるための意識が必要です。 

 

■矯正治療の種類


ここまで年齢別で見る矯正治療の目的や概要をご紹介しましたが、矯正治療には種類があり、特徴もそれぞれ異なります。 

○ワイヤー矯正

歯1本1本にブラケットと呼ばれる器具を装着し、そこにワイヤーを通して繋ぎ力を加えることで歯を適切な位置へ動かしていく方法です。最も伝統的な方法であり、歯列矯正のイメージとして広く知れ渡っているため、多くの歯科医院で実施されているのも特徴です。 

 

しかし、一般的にワイヤー矯正と呼ばれるものは歯の表面に装置をつけておこなう表側矯正の場合が多く、裏側矯正やハーフリンガル矯正よ呼ばれる矯正は表側矯正よりも技術や知識を要するため、実施していない歯科医院もまだ少ないのが現状です。 

 

○マウスピース矯正インビザライン

近年SNSや広告でも見かける機会が増えたマウスピース矯正のインビザライン。アメリカのアライン・テクノロジー社が開発したもので、歯を型取って取り外し可能な透明のマウスピースを制作し、2週間おきに新しいものへ取り替えながら1日20時間以上装着することで歯を適切な位置へ移動させます。 

◇従来のワイヤー矯正と何が違う?

インビザラインは、「透明なので見た目が気にならない」「締め付けられるような痛みがない」「取り外しが可能なので矯正治療前とほとんど変わらない生活ができる」などのメリットがあり、これらは、ワイヤー矯正との大きな違いでもあります。これまでの矯正治療には「周りに矯正していることを気づかれる」「痛みが強い」などのデメリットがありましたが、インビザラインではそれらを気にすることなく、矯正治療をおこなえます。 

 

◇インビラインでは自己管理が大切!

メリットも大きいインビザラインですが、取り外しが可能であるがゆえに、自己管理の徹底が重要です。マウスピースを不衛生な状態のまま装着していると虫歯や歯周病のリスクも高まり、矯正装置をつけ忘れると、治療計画がスムーズに進まなくなってしまいます。 

 

インビザラインは取り外し可能な透明のマウスピースを使う

インビザラインは取り外し可能な透明のマウスピースを使う

 

■まとめ


今回は年齢別で見る歯列矯正の目的や改善できることなどについてお話ししてきました。年齢や目的によって適している矯正装置が変わってくることも多いため、ご自身の年齢と照らし合わせ、どこをどのようにして改善し、最終的にどのような効果を得たいのかをしっかり把握しておくことが大切です。 

 

近年注目されているインビザラインはワイヤー矯正と比較しても痛みが少ない、見た目が気にならない、矯正をする前の生活とほとんど変わらないなど、メリットも大きく年齢制限もないので矯正治療をお考えの方にはおすすめです。しかし徹底した自己管理が必要になるため、自信がない人は担当医に「自分にはどんな矯正方法が合うのか」などを相談してみると良いかもしれません。何歳で矯正治療を行うにしても、治療開始前にじっくり考え、慎重に判断することが大切です。 

 

当院では、マウスピース矯正のインビザラインや見えない裏側矯正、アンカースクリューを用いた矯正など、患者様のご要望に応じてさまざまな矯正治療をご用意しています。 矯正治療の目的である「歯並びの美しさと、噛むという機能性を回復させること」を叶えるため、全力でサポートさせていただきます。 

 

ぜひお気軽にご相談くださいませ。公式ホームページからでも受け付けております!  

 

オンラインWEB初診カウンセリングはこちらから

オンラインWEB初診カウンセリングはこちらから

 

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
03-6431-0972

〒158-0094 東京都世田谷区玉川3-6-1 6階

このページの先頭に戻る