マウスピース型矯正装置(インビザライン)で重要な矯正補助装置

マウスピース矯正「専門」
LINE予約
電車二子玉川」駅より徒歩
03-6431-0972

診療時間:10:00~18:30 / 診療日:水・金・土
※13:00~14:30はお昼休み

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
キービジュアル

マウスピース型矯正装置(インビザライン)で重要な矯正補助装置

2024年6月25日

 

 

矯正治療で使用する矯正装置にはワイヤー矯正、拡大床などいろいろな装置が使用されます。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)も使用される矯正装置の一つです。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)で治療する上で重要な矯正補助装置があり、今回は紹介します。

 


 

 

①アタッチメント

 

歯の動きをサポートする為の白色の突起を歯の表面につけます。

どのような形で、どこに付けるかは、治療のシミュレーション(クリンチェック)時に3Dデータ上でご確認いただけます。

歯の表面を傷つけるものではなく、治療後には取り除くため残ることもありません。

詳しくは  https://www.futako-ortho.com/blogs/archives/162

 

 


 

②顎間ゴム

 

歯の咬み合わせを改善したり、微調整するために使用します。

特に、元々咬み合わせの位置のズレが大きい場合に使用するケースが多いです。

上顎と下顎にかける場合と、アンカースクリューにかける場合があります。

 

詳しくは https://www.futako-ortho.com/blogs/archives/129

 


 

 

③チューイ

インビザラインのチューイーは、ロール状のチューブのような補助具です。本体はシリコンでできており、アライナートレーシーターと呼ばれる場合もあります。主にマウスピースが歯から浮き上がらないように、しっかりとフィットさせるために使います。

 

詳しくは https://www.futako-ortho.com/blogs/archives/1188

 


 

上記のものがマウスピース型矯正装置(インビザライン)で治療する上で重要となる矯正補助装置です。

使用方法と使用時間を守ると治療効果が高くなります。

 

二子玉川駅前デンタルデザイン歯列矯正歯科
TEL:03-6431-0972

御予約はこちら https://www.futako-ortho.com/contact/#link03

 

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
03-6431-0972

〒158-0094 東京都世田谷区玉川3-6-1 6階

このページの先頭に戻る