横顔の美しさと歯列矯正の関係

マウスピース矯正「専門」
LINE予約
二子玉川」駅より徒歩
03-6431-0972

診療時間:10:00~18:30 / 診療日:水・金・土
※13:00~14:30はお昼休み

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
キービジュアル

横顔の美しさと歯列矯正の関係

2022年11月11日

当院には、横顔を綺麗にされたいという患者様もよくご来院されます。「横顔に自信がない…「もっと口元を下げたい」「顎の突出感が気になる」など、横顔に関しても様々なお悩みがありますが、これらを改善するクリニックとしては、歯科医院より美容外科を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
 
たしかに美容外科でも、このようなお悩みへのアプローチは可能です。ただし、美容外科では多くの場合、顎の骨を削り骨格を整形するという手術を施します。
 
一方、中にはこのような手術をしなくても、歯列矯正で、フェイスラインを根本的に整える事が可能な場合もあります。
 
今回は横顔の美しさと歯列矯正の関係についてご紹介します。
 

目次

■横顔の美しさが重要な2つの理由
■横顔美人の黄金比「Eライン」と歯並び
■歯列矯正による横顔改善
■歯列矯正の方法
■まとめ

 
 

■横顔の美しさが重要な2つの理由


正面から見た顔の美しさについてはよく着目されますが、横顔の美しさに言及する方はそれほど多くはありません。しかし、次の理由から、横顔の美しさも大切であると言えるのです。
 
 
○フェイスラインが人の印象を決める
フェイスラインとは、あごからこめかみ、そして髪の生え際までぐるりと一周したライン、つまり顔の輪郭のことです。正面・横顔問わずこのフェイスラインがシャープで整っていると、若く美しい印象を相手に与えます。また、顔も小さく見えるので、全身のバランスが整って見えるのです。
 
反対に、フェイスラインがゆるんだり、歪んだりしていると、顔全体がぼんやりとした印象になり、年齢以上に老けて見られることが多くなります。さらに顔が大きく見えることから、全身のバランスも悪く見えてしまいます。
 
このように、フェイスラインは顔だけでなく、全身の美しさにも影響を与える重要な要素と言えます。
 
 
○横顔のフェイスラインは人からよく見られる
フェイスラインと聞くと、多くの方は正面から見た場合のフェイスラインをイメージされるかもしれません。しかし、フェイスラインを整えるにあたっては、正面からのものを整えただけでは不十分と言えます。なぜなら、他の人が通常多く目にするのは、正面よりも横顔、つまり横から見たフェイスラインだからです。
 
自分ではなかなか見落としがちですが、横顔のフェイスラインは他人にチェックされやすいことを理解しそれを整えることで、他人から見た美しさの印象もまた変わってくるのです。
 
 

■横顔美人の黄金比「Eライン」と歯並び


ではどうすればフェイスラインの整った横顔美人となるのでしょうか。その目安の一つに「Eライン(エステティックライン)」があります。
 
「Eライン(エステティックライン)」とは、横顔において鼻先と顎先を直線で結んだ線のことをといいます。アメリカの矯正歯科医であるロバート・リケッツ氏により提唱され、横顔の美しさを表す指標として、歯科や美容外科の分野で用いられています。
 
一般的に、唇がEラインからはみ出していなければ美しい横顔だとされており、歯列を矯正することで、このEラインの関係性が改善する可能性があるのです。
 
例えば出っ歯の方の場合、上唇の先端がEラインよりも前に出ていることが多く、口元が前に突き出て見えてしまいます。このようなケースでは、歯列矯正により唇側に傾斜していた前歯を後方に引き戻すことで、口元の突出感が解消される場合が多いです。また、前歯が正しい位置に戻ることで唇も閉じやすくなり、横顔の引き締め効果も期待できるのです。
 
下顎が前方へ突出し噛み合わせが逆になっている状態の受け口の場合においても、歯列矯正により下顎の突出を抑え、理想的なEラインに近づけることが出来ます。
 
ただし、噛み合わせや歯並びの状態によっては、必ずしもEラインの改善に効果があるわけではないため注意が必要です。また、Eラインが崩れる原因としては、歯並びや顎の状態によるものだけでなく、鼻の高さや顔の骨格自体がその原因となっている場合もあります。
 
 

■歯列矯正による横顔改善


歯列矯正というと、「歯並びの美しさを獲得する治療」「噛み合わせを正す治療」と考えられていますが、副次的効果として「顔のバランス」を整えたり、「口元の美しさ」も獲得できたりする場合があります。
 
矯正治療をすれば、必ずフェイスラインも同時に整うわけではないのですが、次からあげるように歯並びが大きく崩れている方が治療を行うと、フェイスラインも同時にシャープになる傾向があります。
 
・出っ歯
上顎の前歯が下顎の歯よりも大きく前に出ている歯並びです。
 
・受け口
下顎が上顎よりも前に出ている歯並びです。
 
・上下顎前突
上下の歯ともに前へ突き出している歯並びです。最近では「口ゴボ」とも言われており、この不正咬合はEラインを大きく乱します。
 
・歯のデコボコ
歯が様々な角度で生えて、デコボコになってしまっている歯並びです。
 
・噛み合わせが浅い
奥歯が噛んでいるのにもかかわらず、前歯が噛んでいない歯並びです。
 
・嚙み合わせが深い
通常噛んだ時に下の前歯を上の歯が覆う形が理想とされますが、必要以上に上の歯が覆い、下の前歯がほとんど見えない様な状態の噛み合わせの事をいいます。
 
 

■歯列矯正の方法


歯列矯正には、いくつかの方法があります。
 
 
①ブラケットとワイヤーによる歯列矯正
それぞれの歯の表面にブラケットと呼ばれる装置を取り付けたうえで、そこにワイヤーを通して歯を動かすタイプの矯正方法です。
 
従来の歯の表側に取り付ける方法に加え、最近では歯の裏側に装着する「裏側矯正(リンガルブラケット)」と呼ばれる矯正方法も広まっています。この方法は矯正の中では最も目立ちにくく、他人から装置が見えないため、矯正していることを知られたくないという方にお勧めです。
 
 
②マウスピースによる歯列矯正
マウスピースを交換しながら一定期間装着し続けることで、歯を矯正する方法です。当院では、世界でナンバーワンのシェアを誇る「インビザライン」と呼ばれる透明なマウスピース型の矯正装置を利用しています
 
「装置が目立ちにくい」、「取り外しが可能で、食べ物の制限がない」、「装置の洗浄も簡単に行うことができる」というメリットがあります。ただし反面、装置を装着する判断は患者様に一任されるため、装置を付ける時間が短かったりつけない期間があったりした場合は、矯正が進まず治療期間が長くなってしまうというデメリットも存在します。
 
 

■まとめ


いかがでしたか?横顔の美しさは、自信につながり、他人からの印象も変化します。当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお答えする機会を設けております。
 
どんな事でも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。ご興味がある方はぜひお気軽にお問い合わせください。
 

オンラインWEB初診カウンセリングはこちらから

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
03-6431-0972

〒158-0094 東京都世田谷区玉川3-6-1 6階

このページの先頭に戻る