インビザラインの失敗例から学ぶ!原因と対処方法

マウスピース矯正「専門」
LINE予約
二子玉川」駅より徒歩
03-6431-0972

診療時間:10:00~18:30 / 診療日:水・金・土
※13:00~14:30はお昼休み

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
キービジュアル

インビザラインの失敗例から学ぶ!原因と対処方法

2022年11月4日

目立たず矯正治療ができるマウスピース矯正の中でも、インビザラインは人気が高い治療法です。しかし、矯正治療は決して安くありません。せっかく高い費用と長い年月をかけて歯並びを整えるため、失敗はしたくないですよね。ここでは、インビザライン治療の失敗例や原因を紹介しつつ、失敗しないための対処方法をお伝えします。
 
現在治療中の方だけでなく、矯正治療をご検討中の方もぜひご一読ください。
 

目次

■インビザラインの失敗例
■インビザラインが失敗する6つの原因
■インビザラインの成功の秘訣
■まとめ

 
 

■インビザラインの失敗例


インビザライン治療でよくある失敗例を3つ紹介します。
 
 
1)噛み合わせのバランスが悪くなってしまった
綺麗に並んでいる歯のみを求めてしまうと、噛み合わせが崩れてしまう場合があります。 噛み合わせが崩れてしまう理由は、マウスピースの装着により、マウスピースの厚み分だけ奥歯が先に当たるからです。インビザライン治療では、マウスピースを1日20時間ほど装着するため、常に奥歯には圧力が加わります。そのため、奥歯が沈み込んでしまい、噛み合わせのバランスが悪くなります。
 
 
2)顎関節症になってしまった
噛み合わせが不安定になり、顎に負担がかかりすぎると、顎関節症(がくかんせつしょう)になる可能性もあります。 顎関節症(がくかんせつしょう)になると「口が開けづらい」「口を開くときに不快音が鳴る」といった症状が起こります。「硬い食べ物や大きい食べ物が食べれない」「顎の音によるストレス」などの弊害が生まれます。
 
 
3)歯茎が下がってしまった
矯正治療によって歯を引っ張ることで、歯茎が動きます。そのため、歯茎が下がって、歯が長くなったように見えることもあります。無理な力を加えすぎたり、マウスピースを適切に使わなかったりすると歯茎が下がりすぎてしまうため、治療計画に沿って適切に矯正を進めることが大事です。
 
 

■インビザラインが失敗する6つの原因


インビザライン治療が失敗する原因は主に6つです。
 
 
1)むし歯や歯周病がある
虫歯や歯周病があると、歯形が変化してしまい、マウスピースが合わなくなります。歯に合わないマウスピースを装着しつづけても、矯正治療はできません。そのため、治療前に虫歯や歯周病の治療を終えることが大事です。また、矯正治療中に虫歯や歯周病が進行する可能性もあります。矯正治療中に虫歯や歯周病などが症状が悪化すると、矯正治療を中断しなければいけなくなる可能性もあります。
 
インビザライン治療はマウスピースを簡単に取り外しができるため、歯磨きをしっかり行い、虫歯予防も行ってください。症状の悪化を防ぐためにも、歯医者へ行くときは、矯正の状態チェックと合わせて虫歯や歯周病などの診察も合わせて行いましょう。
 
 
2)口腔内を清潔に保てていない
マウスピースを装着している状態では、唾液が歯に行き渡りません。唾液には、乾燥を防ぐだけではなく、細菌の増殖を防ぐ、口臭や虫歯、歯周病などのトラブル予防などの役割があります。そのため、インビザライン治療中は、通常よりも口腔トラブルになる可能性が高まります。特に、歯磨きを怠ると、虫歯や歯周病になりやすくなります。矯正治療の妨げになるため、できるかぎり口腔ケアを行い、口の中を清潔に保ちましょう。
 
 
3)インビザライン治療に適さない症例である
インビザライン治療に適さない症例の場合、他の治療も並行して行わないと失敗の原因になります。
インビザライン治療に適さない場合は、ワイヤー治療やブランケット治療と併用することで失敗のリスクを下げることができます。
 
 
4)装着時間が不足している
インビザライン治療では、マウスピースの装着時間が20時間以上必要です。1日20時間以上アライナーを装着することで常に歯に力が加え続けられ、歯が順調に動きます。
 
装着する時間が不足すると、治療計画通りに歯が動かず、矯正治療に時間がかかってしまいます。マウスピースの装着時間は患者さまの自己申告になるため、計画通りの時間を装着することが失敗を防ぐポイントになります。基本的に食事と歯磨き以外の時間はすべて装着するようにしましょう。
 
また、アライナーをより歯にフィットさせるために大事なのがチューイです。チューイを10分以上しっかりと噛むことで血流が良くなり、アライナーのフィットが良くなります。装着時間を守るとともに、歯にしっかりとフィットさせた状態にするためにも、チューイを必ず噛むようにしましょう。
 
 
5)マウスピースの交換時期を守らない
インビザライン治療は、治療計画に沿って新しいマウスピースに交換することが必要です。治療が進むにつれて歯が動くため、同じマウスピースを装着しつづけても矯正が進みません。 交換時期には関しては歯科医師から指示を聞いてきちんと守りましょう。
 
 
6)自己管理の甘さ
インビザライン治療は自己管理になります。そのため、つけ忘れや外したままの時間が長くなると、歯の動きが悪くなり治療計画通りに進めることができません。付け忘れをしないよう注意が必要です。
 
 

■インビザラインの成功の秘訣



 
 
1)実績・経験・技術のある歯科医師を選ぶ
『インビザライン』は矯正の知識がある歯科医師が扱える矯正方法であり、全体矯正・部分矯正どちらもできます。マウスピースを外部へ発注することからデジタルに頼る部分が大きいように見えますが、実際に治療計画や治療方針を立てるのは歯科医師です。
 
インビザライン矯正の治療で歯科医師が判断しなくてはならないことは多くあり、根拠を持ってその判断ができているかが治療の成功・失敗を左右します。
 
〇歯科医師に訊ねたい事項
・全体矯正なのか部分矯正なのか
・どのように歯が動くスペースを確保するのか
・なぜIPRをするのか
・なぜ歯列拡大をするのか
・治療完了までどのくらいの期間が必要なのか
・マウスピース矯正をしても平気な口内環境なのか
・歯列・噛み合わせなど全ての問題を把握しているのか
 
インビザラインを用いた矯正ができるという資格的な安心感ではなく、この先生なら大丈夫と信頼関係を築ける歯科医師を探すことが大切です。
 
 
2)装着時間をしっかり守る
インビザラインで失敗しないためには、患者様が責任を持って装着時間を守ることも必要です。
 
〇推奨されているルール
・1日20~22時間以上
・食事・歯磨き以外は装着しておく
 
インビザラインは約7日ごとに新しいアライナーへ交換することで、少しずつ歯を動かしていく矯正です。装着時間を守らない場合には計画した通りに歯が動かず、治療計画が崩れていきます。
 
どうしても飲み会や旅行などで装着できない場合には、担当医に相談するか、装着できなかった分の時間をプラスしてから次のアライナーへと交換する必要があります。
 
まだ歯が動いていないのにも関わらず新しいアライナーへ交換すると、歯への矯正力が強くなり強い痛みや圧迫感を感じることもあります。
 
 
3)抜歯やIPRの必要性を再度確認する
抜歯やIPRはインビザライン矯正失敗の原因になりかねないので、再度その治療の必要性を歯科医師に確認するのも対策の一つです。
 
〇抱えるリスク
・抜歯:歯が倒れこむ危険性がある
・IPR(ヤスリで削る):歯を削りすぎて矯正完了までの期間が伸びることがある
 
抜歯やIPRは健康な歯に手を加えることになりますので、その治療が本当に必要なのでなければなるべく避けたいですよね。みなさん一本でも多く健康な歯を残しておきたい気持ちはあると思います。
 
確信を持った治療計画を準備している歯科医師であれば、抜歯やIPRの必要性を納得いくように説明してくれると思います。しかし、経験や技術のない歯科医師の場合は、あまり良い回答が得られないことがありますので、そうなった場合は歯科医師を選び直すことも選択肢に入れておきましょう。
 
 
4)矯正中に違和感を覚えたらすぐに担当医に相談する
そして、インビザラインで失敗しないために非常に重要な対策として、矯正中に違和感を覚えたらすぐに担当医に相談することを覚えておきましょう。
 
〇通院間隔の差
・ワイヤー矯正:月に1回の通院が必要
・インビザライン:1〜3ヶ月に一回の通院が必要
 
インビザライン矯正の場合は、矯正途中に発生する問題に気がつかないリスクがあります。新しいマウスピースに交換するとそれまでにはない矯正力が歯にかかるため、違和感や痛みを覚えることがあります。少しでも不安な違和感を覚えた場合には、気軽に担当医に相談しましょう。
 
 

■まとめ


いかがでしたでしょうか?インビザライン矯正で成功するために、まずは気になる歯科医院で相談してみましょう。当院では無料で矯正相談を行っています。少しでも気になるという方はお気軽に当院のHPからでもお問い合わせください。

オンラインWEB初診カウンセリングはこちらから

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
03-6431-0972

〒158-0094 東京都世田谷区玉川3-6-1 6階

このページの先頭に戻る