インビザラインのゴムかけとは?~目的や方法について~

マウスピース矯正「専門」
LINE予約
二子玉川」駅より徒歩
03-6431-0972

診療時間:10:00~18:30 / 診療日:水・金・土
※13:00~14:30はお昼休み

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
キービジュアル

インビザラインのゴムかけとは?~目的や方法について~

2022年11月18日

こんにちは、マウスピース矯正専門の、世田谷区の二子玉川駅前デンタルデザイン歯列矯正歯科です。
 
インビザライン矯正では、「ゴムかけ」と呼ばれる治療の途中で上下の歯にゴムをかけて噛み合わせを整える処置をすることがあります。ゴムかけは頑張り次第で矯正の仕上がりが良いものになる大切な治療の一つです。
 
今回はそのインビザラインのゴムかけについて詳しくご紹介します!
 

目次

■インビザラインのゴムかけとは?
■ゴムかけの効果
■インビザラインの主なゴムかけの種類
■ゴムかけの方法と注意点
■さぼるとどうなる?
■ゴムかけで起きやすいトラブル
■まとめ

 

■インビザラインのゴムかけとは?


インビザライン治療の大切な装置の一つにゴムかけがあります。ゴムかけは治療の期間や成功に大きく関わってきます。ゴムは「エラスティック」と呼ばれます。
 
ゴムかけの治療の段階になると、自分の歯やマウスピースに丸い突起のような装置をつけます。突起はマウスピースの上下に何箇所かあります。前歯に近い、口を開けたときに目立つ部分は目立たない透明の突起で、奥歯の方は金属製を使用することもあります。金属製には外れにくいという特徴があります。
 
エラスティックは、医療用のゴムが使われています。輪の状態になっていて、大きさの異なる種類がいくつかあり、輪の大きさが小さくなるほど、矯正する力は強くなります。歯を動かす距離や矯正する力の強さを考えて、どのゴムを使うかが決まります。このエラスティックをマウスピースに付けた突起状のボタンにひっかけます。
 
かけ始めるタイミングは患者様によって異なります。そのためインビザライン矯正を始めてすぐに使い始めたり、ある程度歯並びが整ってから使い始めたりすることもあります。ただ多くの場合、ある程度歯並びが整う中盤から後半にかけて行われることが多いです
 
いずれにしても、担当医から「ゴムかけを始めましょう」と言われますので、必ず指示に従うようにしましょう。
 
 

■ゴムかけの効果


1)歯の移動を助ける
ゴムかけをすることで、歯が移動するのを助けます。マウスピースだけで歯を動かすよりも早く歯並びが整っていきます。ゴムかけを行う時期は、見た目の歯並びのガタガタが整ってきた時期が多く、噛み合わせの調整に入る頃に始まるケースが多いです。
 
 
2)噛み合わせを整える
上下のマウスピースの突起にゴムをひっかけて引っ張り合うことで、上下の噛み合わせや左右のにずれた噛み合わせのバランスを整えます。ゴムをかける突起の位置によってかかる力の方向が変わり、それぞれの症例の矯正をサポートします。

3)望ましくない歯の移動を予防する
顎間ゴムには望ましくない歯の移動を予防する役割も持っています。
 
例えば、出っ歯の治療では、抜歯して前歯をそのスペースに移動させる手法がよく用いられます。しかし、奥歯が前の方に移動して、前歯を収めるべきスペースが狭くなってしまうことがあります。そこで、奥歯の望ましくない移動を予防するために顎間ゴムを補助として使用します。
 
 

■インビザラインの主なゴムかけの種類


ゴムはかけ方によって効果は異なります。インビザライン矯正では主に以下のようなゴムのかけ方があります。
 
 
①Ⅱ級ゴム
Ⅱ級ゴムは、出っ歯の改善に使用します。
 
上の歯を後ろへ、下の奥歯を前に移動するため、上顎の前から3番目の歯と、下顎の前から6番目の奥歯にかけることが多いです。
 
 
②Ⅲ級ゴム
Ⅲ級ゴムは、受け口の改善に使用します。
 
上の歯を前へ、下の奥歯を後ろに移動するため、上顎の前から6番目の歯と、下顎の前から3番目の歯にかけることが多いです。
 
 
③垂直ゴム
垂直ゴムとは、開咬(かいこう)の改善に使用します。開咬とは、噛み合わせたときに上下の前歯が大きく開いている状態のことです。
 
縦に引っ張り合うように、上下の歯に垂直にかけます。
 
 
④交叉ゴム
交叉ゴムとは、交叉咬合(こうさこうごう)の改善に使用します。交叉咬合とは噛んだときに歯並びの途中で上下の噛み合わせが左右にずれている状態のことです。
 
上下の同じ歯に噛み合わせをまたぐように表側と裏側にかける必要があるため、奥歯の場合難しいこともあります。
 
 

■ゴムのかけ方と注意点


○ゴムかけは、インビザラインに限らずすべての歯列矯正法で行える手法です。
 
歯並びや治療の状態によってゴムかけが必要ないまま治療が終了する場合もあります。
 
 
○インビザラインのゴムかけは患者様自らが行う必要があります。
 
正しくゴムがかけられない場合、治療期間が伸びたり最初のシミュレーション通りの効果が出なくなったりしてしまうことがあります。
 
慣れないうちは時間がかかったり、ゴムをかけているため話しづらいといった不自由を感じる場合がありますが、徐々に慣れてくるでしょう。
 
 
○1日20時間以上つける
 
ゴムの装着時間も大切です。基本的にマウスピースの装着時間と同等の最低1日20時間以上つける必要があります。食事や歯磨き以外のときは、マウスピースを装着してゴムもかけると覚えておきましょう。
 
 
○ゴムは毎日取り替える
 
エラスティックは毎日、新しいものと取り替えます。衛生的な意味だけでなく、ゴムの伸縮性が弱くなるとゴムかけの効果が減少してしまうので必ず取り替えるのを忘れないようにしましょう。左右どちらかのゴムが切れてしまった場合は、両方新しいゴムに取り換える必要があります。
 
左右の噛み合わせや引っ張る力を均等にして矯正する必要があるためです。
 
 
○外出時も必ずゴムとホルダーを忘れずに
 
外出するときはマウスピースケースと一緒にゴムとゴムかけをするエラスティックホルダーも忘れずに持ち歩きましょう。万が一、外出先でゴムが切れてしまったときはすぐに新しいものに付け替えます。
 
 

■さぼるとどうなる?


ゴムかけが面倒、目立つから見られたくない、忘れてしまったなどの理由でさぼってしまうこともあります。そのようなことが長く続くと以下のようなデメリットがあります。
 
 
①計画通りに治療が進まない
 
長期間かけていなかったり、さぼったり、ご自身の判断で時間を短くしたりすると、治療期間が延びてしまうことに加えて、仕上がりが違ったものになる可能性があります。
 
 
②後戻りする可能性がある
 
矯正治療によって動かした歯は、元の歯並びに戻ってしまう「後戻り」する傾向にあります。長い時間さぼるとかけ始める前の歯並びに戻ってしまうため、必ず指示された通りにつけましょう。
 
 

■ゴムかけで起きやすいトラブル


1)ゴムがかけられない!
 
顎間ゴムに慣れていない頃はゴムをかけるのも一苦労!特に奥歯になればなるほど、その難易度は上がっていきます。
 
何回トライしてもゴムがかけられない場合はそのままにせず歯科医師に相談しましょう。また、ゴムかけをするための専用のスティックやピンセットを使ってみるのもおすすめです。
 
最初は鏡をみながらコツをつかむまで何度も繰り返してみて下さい。当院もゴムかけの方法などアドバイスを行っていますので、お気軽にご相談下さい。
 
 
2)痛みが出てきた!
 
ゴムかけをすると大きな力が歯にかかるため、ゴムかけをしたばかりの頃は痛みを感じる方も多くいらっしゃいます。
 
痛みがあるからといってすぐにゴムを外してしまうことはしないで下さい。我慢できない痛みの場合は歯科医師に相談しましょう。痛みは2日〜3日ほどで慣れてしまうことがほとんどです。
 
 
3)ゴムが切れてしまった!
 
ゴムが切れてしまうことも多々あります。基本的にゴムかけに使うゴムは24時間を目安に新しいものに交換しましょう。劣化したゴムを使っていると引っ張る力が弱かったり、切れてしまう原因にもなります。
 
また、ゴムが切れてしまった時も新しいものにすぐ付け替えられるようにゴムは常に複数持ち歩くようにして下さい。
 
 

■まとめ


いかがでしたでしょうか?
 
ゴムかけを始めたときは、歯を動かすときの痛みであったり、話しにくかったり、見た目が悪かったりするためつらいと感じる方もいます。ただ、ほとんどの場合1~2週間で慣れてくることが多いです
 
まずは3日間使い続け、習慣をつけるようにしましょう。慣れてくればつらさも緩和され、楽に感じるようになります。ただ、痛みが悪化する、顎まで痛くなってきたなど症状がひどくなるようでしたら我慢せずにすぐに歯科医院にご連絡してください
 
当院では矯正相談を無料で受け付けております。治療について不安なこと、気になることがございましたら、お気軽にご相談ください!
 

オンラインWEB初診カウンセリングはこちらから

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
03-6431-0972

〒158-0094 東京都世田谷区玉川3-6-1 6階

このページの先頭に戻る