マウスピース矯正の特徴と治療の流れ【徹底解説!】

マウスピース矯正「専門」
LINE予約
二子玉川」駅より徒歩
03-6431-0972

診療時間:10:00~18:30 / 診療日:水・金・土
※13:00~14:30はお昼休み

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
キービジュアル

マウスピース矯正の特徴と治療の流れ【徹底解説!】

2022年9月2日

みなさんこんにちは。二子玉川駅前デンタルデザイン歯列矯正歯科です。
 
今回はマウスピース矯正の特徴と治療の流れについてご紹介します!
マウスピース矯正を検討中の方にぜひ読んでいただきたい情報です。
 

目次

■マウスピース矯正って?
■治療はどう進むの?
■歯科医院選びはどうする?
■当院がマウスピース矯正のなかでも、インビザラインを選ぶ理由
■まとめ

 

■マウスピース矯正って?


 
透明に近いマウスピース型の矯正装置(アライナー)を歯に装着して歯並びを綺麗にする治療方法です。一人ひとりの歯に合わせて作製されるアライナーを装着し、治療の段階に合わせて新しいアライナーに交換しながら徐々に歯を動かして、歯並びを矯正します。
 
マウスピース矯正の特徴は大きく分けて4つあります!
 
1.治療中も笑顔に!目立たない矯正装置
マウスピース矯正の一番のメリットは、装置が目立たないことです! 薄く透明に近い、プラスチック製の装置は、装着していても着けていることがほとんど分かりません。マウスピース矯正は、治療中の見た目が気になる方、人と接する機会の多い方などにおすすめの矯正治療法です。
 
2.装置を外して、食事ができる!
他の矯正装置とは違って、患者さまご自身の手で取り外しができることが大きな特徴のひとつ。マウスピース矯正は、食事の時には取り外すことができるので、装置に食べ物が詰まる心配なく、治療中も普段通りに食事ができます。毎日の食事を楽しみたい方にはピッタリですね。
 
3.段階に合わせて新しい装置に交換
マウスピース矯正は、治療の段階に合わせて矯正装置を新しいものに交換し、装着することで徐々に歯並びを整えていきます。 矯正装置は、患者さまご自身で交換していただく必要があるので、患者さまの自己管理がとても大切です!
 
4.治療期間中も快適!
マウスピース型の矯正装置は金属を使用せず、また、段階的に歯を動かしながら歯並びを矯正するため、従来の矯正方法と比べて痛みが少なく、唇や口の中の粘膜などを傷つけてしまうことも基本的にはほとんど起こりません。治療期間中に装置が歯から外れてしまうなどの心配が少ないことも特徴のひとつです。
 
 

■治療はどう進むの?


続いて、「マウスピース矯正は、どんな風に治療が進むの?」「他の矯正方法と違いはあるの?」そんな皆さまの疑問にお応えするため、マウスピース矯正の治療の流れを詳しくご紹介します。
※こちらは一例であり、内容は歯科医院によって異なる場合がございます。
 
 
STEP1. カウンセリング
患者さまの歯並びのお悩みや治療に関する疑問を歯科医師がヒアリングします。そして、歯科医師からマウスピース矯正の治療内容やメリット・デメリット、費用などの説明を受けます。 ポイントは、疑問や不安があれば、どんな小さなことでも質問すること!治療前の不安が解消されないまま治療が進むと、後々トラブルにつながることもあります。
 
STEP2. 精密検査
マウスピース矯正による治療を希望される場合は、精密検査に進みます。 精密検査では、おもに口腔内検査のほかに顔やお口の中の写真撮影などを行ないます。
 
STEP3. 治療計画のご説明
精密検査の結果をもとに歯科医師が治療計画を立て、患者さまにその内容と治療期間、費用についてご説明をします。 こちらも、納得がいくまで説明をしてもらうことが大切です。 患者さまが治療計画と費用についてしっかり納得したら、治療の契約として治療がスタートします。
 
STEP4. 矯正治療スタート!
患者さま専用に作製された矯正装置(アライナー)を装着します。 取り外しが可能なアライナーの着脱方法やお手入れ方法、注意事項などをご説明します。アライナーは、装置の種類によって違いますが、1日に装着する時間が決まっています。指定された時間装着しながら、治療の段階に合わせて新しいものにつけ替えていきます。
 
<POINT1>
他の矯正装置による治療とは違って食事の際には装置を取り外せるので、食べ物が装置に挟まったりくっついたりする心配がありません!これまでと同じように食事を楽しむことができます。
 
<POINT2>
アライナーを装着し忘れたり装着時間が短かったりすると、計画通りに治療が進まず、治療期間が延びてしまうことがあります!より良い治療結果のためには、患者さまご自身できちんと管理することがとても大切です。
 
STEP5. 治療終了!保定期間へ
歯並びが整ったら、一定期間は保定装置を装着して元の歯並びに後戻りするのを防ぎます。
 
 
治療ステップは、マウスピース矯正の装置の種類によっても若干異なってきます。1回または複数回印象採取(歯の型どり)をするものや、石膏模型やデジタル動画によってマウスピース装置を作成するものなど様々です。詳しくは担当医にご相談ください。
 
 

■歯科医院選びはどうする?


「歯医者」と言っても様々。歯列矯正療は、担当医師の経験等によって提案する治療方法が異なります。また、矯正治療のための機材・技術も進化しています。マウスピース矯正は比較的新しい矯正装置ですので、治療が出来る歯科医院は限られています。
 
○医院を選ぶポイント
納得して通える医院を選ぶポイントとして
・最初のカウンセリングから親身になって聞いてくれ、コミュニケーションを取りやすい
・気軽に質問・相談しやすい
・治療の選択肢・装置・期間・料金などを丁寧に説明してくれる
などがあります。
 
自分に合った治療法が理解できるまで、しっかり歯科医師に質問をし、納得した上で自分に合った治療法、歯科医院を選ぶことをオススメします。
 
 

■当院がマウスピース矯正のなかでも、インビザラインを選ぶ理由



 
 
①適応症例が広い
マウスピース矯正はいくつかのメーカーがあり、それぞれ適応症例があります。つまり、このメーカーではこのケースは対応できないが、他のメーカーでは対応できるなどです。
 
当院で利用するメーカーは世界シェアNo.1を誇る「インビザライン」です。他のメーカーと比べて適応症例が広いのが特徴です。
 
 
②難症例(他院で断られたケース)」でも対応可能
インビザラインでも対応が難しいケースがあり、インビザラインを利用しているクリニックでも「このケースは当院では対応できない」と言われてしまう事があります。しかし、当院はそのようなケースでもインビザラインで対応できることがあります。
 
なぜ、対応できるのか?
それは、担当医の矯正治療に関しての知識や経験が豊富なためです。
インビザラインの性能だけに頼るのではなく、そこに、担当医の経験や知識をプラスすることで、より精度の高い治療計画を導入し、そして微調整を加えていくことで対応していきます。
 
どうしてもマウスピース矯正で治療をしたいが、他院で断られてしまった方。ワイヤー矯正を検討するのも1つではありますが、一度当院にご相談いただけたらと思います。
 
 
③「部分的」だけではなく「全体的」な矯正にも対応
先ほどもお伝えしましたが、マウスピース矯正には様々なメーカーがあり、「部分的な歯並び改善」しか対応できないメーカーもあります。
 
しかし「インビザライン」であれば、全体的な矯正も可能なケースがございます。
これまでにマウスピース矯正を断られてしまった方は、インビザライン導入医院で相談をしてみてください。
 
 

■まとめ


いかがでしたでしょうか。
マウスピース矯正は、複数のマウスピースを交換しながら徐々に歯を動かしていく方法のため、ワイヤー矯正と比べ、担当医の技術力はそれほど問われません。しかし、これはあくまで「簡単なケース」に限定されます。「難しいケース」の場合は、担当医の経験等が治療精度に影響を与えます。
 
また、マウスピース矯正は歯科医師であれば誰でもできるため、矯正治療の経験がないドクターも扱っています。後悔のない治療を行うためにも歯科医院選びを慎重に行いましょう。
 
当院では、皆さまが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。気になられる方はぜひ一度HPよりお問い合わせください。
 

オンラインWEB初診カウンセリングはこちらから

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
03-6431-0972

〒158-0094 東京都世田谷区玉川3-6-1 6階

このページの先頭に戻る