マウスピース矯正の痛みはどのくらい?痛みの原因について

マウスピース矯正「専門」
LINE予約
二子玉川」駅より徒歩
03-6431-0972

診療時間:10:00~18:30 / 診療日:水・金・土
※13:00~14:30はお昼休み

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
キービジュアル

マウスピース矯正の痛みはどのくらい?痛みの原因について

2022年12月2日

こんにちは、二子玉川駅前デンタルデザイン歯列矯正歯科です。

マウスピース矯正のトラブルでよく耳にするのが、「痛み」に関してです。今回はマウスピース矯正で生じる痛みの種類とその対処方法などをご紹介していきます。

痛みの原因と対処法を事前に知っておくことでご不安を解消できたらと思います。

目次

■マウスピース矯正治療における痛みの原因
■マウスピース矯正中の痛みを和らげるには
■当院の痛みの少ない治療方法について
■まとめ

 

■マウスピース矯正治療における痛みの原因


1)歯が動く痛み
歯は骨の中に埋まっていて、多少の加圧では微動だにしません。しかし、矯正装置を使用し負荷をかけ続けると、歯は少しずつ移動します。

歯に力を加え続けると、歯の周囲にある歯根膜は正常な状態に戻ろうとします。この際、細胞の働きにより押し付けられた側の骨が溶け、反対側には骨が形成されます。この力を利用して歯並びをキレイに整えます。

このように力をかけ続けることで歯を動かすので、歯が動く際に違和感や痛みを感じることがあります。

矯正装置をつけた直後は、痛みと言うよりも引っ張られている感覚があり、その後、痛みを感じる傾向があります。しかし徐々に痛みは減り、約1週間もすれば治まるケースがほとんどですのでご安心ください。

1枚のマウスピースでの歯の移動量はコンピュータ計測で0.25mmと言われています。この0.25mmとは、歯と骨の間に存在する解剖学的隙間(歯根膜の厚み)です。つまり歯の隙間分のみの移動量しか力が加わらないので最適な優しい力が計測されているのです。少しずつ歯を動かすので、ワイヤー矯正に比べて痛みが少ない傾向があります。

2)アタッチメントがあたる痛み
アタッチメントは歯とほぼ同色の樹脂でできており、治療後には撤去します。歯にかかる圧力を調整することが可能な装置で、設置すると効果的に歯を動かしていくことができるため、治療箇所やその状態によってアタッチメントの形状、数、設置場所を決めていきます。

アタッチメント自体は歯の表面につくので、口の中に違和感を感じる方もいますが、普段はマウスピースが被さるのでそれほど気にならなくなります。

アタッチメントの出っ張りが口の中で引っ掛かり、口内炎や口腔内の傷の原因となり、痛みを引き起こすことがあります。また、マウスピース取り外しの際にこの出っ張りに引っ掛かり、痛みを感じる人もいます。

3)噛んだり、上下の歯がぶつかった時の痛み
矯正中は、常に歯に圧力がかかっている状態が続いています。圧力がかかっている歯は敏感になっていることがあり、硬い物を噛んで衝撃が加わったり、上下の歯が強くぶつかりあった時に、普段よりも痛みや違和感を感じることがあります。

ただ、この痛みも矯正が進むことで緩和されていきます。もし痛みがある場合などは、硬いものを噛むような食事はなるべく避けるようにし、柔らかいものを選ぶように心がけてみてください。

4)マウスピースが歯茎や舌に当たる痛み
マウスピースが歯茎や舌にあたり続けると、傷や痛み、口内炎の原因になる場合があります。

5)ゴムをかけたことによる痛み
マウスピース矯正の一つであるインビザラインの場合、ゴムを使用する場合があります。ゴムを使用して歯を引っ張る力を強め、歯により強い圧力をかけて移動させる方法です。

そのため、強い力が加わるので痛みが生じることがあります。ただ、痛みがあるからといって使用を中断してしまうと治療期間がのびてしまったり、思ったような治療結果を得られなくなってしまうため、自己判断でゴム掛けを中断せず、痛みが数日でおさまらない場合は歯科医師に相談するようにしましょう。

6)久しぶりにマウスピースをつけた時の痛み
長期間マウスピースを装着しないでいると、歯の後戻りが起きてしまうことがあるので、久しぶりに装着すると痛みが出てしまう場合があります。

■マウスピース矯正中の痛みを和らげるには


マウスピース矯正による痛みは人によりますが、耐えられないほどの痛みを感じることはなく、2~3日程度違和感を感じる程度と言われています。

○歯が動く痛みへの対処法
マウスピース矯正は、矯正器具が柔らかいプラスチックでできているため、口腔内に当たる際の痛みも少なく、口内炎ができにくいという特徴があります。そのため、生じる痛みの多くは歯が動く際のものです。

歯が動くことによる痛みには、氷で冷やす対処法もおすすめです。歯の痛み=歯が動いているということなので、その妨げになるようなことはなるべく避けるようにすることをおすすめします。

○アタッチメントがあたって痛いときの対処法
この痛みに対しては、「矯正用ワックス」でアタッチメントの凸部部分を覆うことで対処できる場合が多いです。矯正用ワックスの使用に関しては、担当の歯科医師に相談してみることをおすすめします。

○噛む時の痛みと対処法
なるべく柔らかい食べ物を選択するようにし、固い食べ物はよく火を通すなどして柔らかくしてから食べるようにしましょう。

○器具を調整してもらう
マウスピース矯正であれば、耐えられないほどの痛みは出にくいですがどうしても痛い場合は、担当医に相談してみましょう。器具を調整することで痛みが緩和されることがあります。

また、マウスピースが歯肉や舌に当たって痛い場合は、マウスピースをヤスリなどで削ることで痛みを取り除くことができます。

削りすぎてしまうと、変形してしまう原因になるので、不安な場合は、通院している歯科医師に削ってもらいましょう。少し研磨をしたり調整をすることで痛みが和らぐことがありますので、我慢せずにまずは相談することも大切です。

○後戻りに関連する痛みの対応
耐えられないほどの痛みを感じられた場合やマウスピースの浮きが多い場合は、マウスピースの使用を一時止め、早めに担当医まで連絡をしてください。

※歯の後戻りを防ぐため、長期間通院できない場合は必ず最後に装着したマウスピースを1日20時間以上装着するようにしましょう。

■当院の痛みの少ない治療方法について


当院の「ライトフォース理論」と「光加速装置」を利用した矯正なら痛みを最小限に抑えた治療が実現できます。

○痛みを和らげる「ライトフォース理論」
ライトフォースとは直訳すると「弱い力」という意味です。その名の通り、歯にかける力を弱くすることで痛みを軽減する方法です。従来の方法と比べると1/2~1/5程度の力になります。

これだけ聞くと、「力を弱くしたら歯は動かないんじゃないの?」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。確かに今までは「強い力を掛けたほうが早く治療が終わる」と考えられていましたが、近年の研究でそれは誤りであることが証明されたからです。

そもそも歯は、骨代謝(骨の新陳代謝)を繰り返すことで少しずつ動いていきます。骨代謝が活発になるほど歯は早く動くのですが、歯にかける力が強すぎると周囲の血管が圧迫されて血流が悪くなり、かえって歯の動きを阻害してしまいます。

ライトフォース理論に基づいた治療なら、歯の動くスピードを損なうことなく痛みを抑えることができます。治療法や個人差にもよりますが、数ヶ月~1年以内に治療を終えられるケースもあります。

○光加速装置(オルソパルス):痛みを軽減し、治療期間を短縮

治療効果をさらに高めたい方には、この「光加速装置(オルソパルス)」をご提案しています。赤外線を照射することで歯の周囲の細胞が活性化させ、さらなる「痛みの軽減」や「歯の動くスピードをアップ」させる効果があります。

■まとめ


いかがでしたでしょうか?
痛みは人それぞれですが、マウスピース矯正で想定されるものは上述した通りです。事前に知っておくことで少しでも不安を解消出来たらいいですよね。

ご紹介したとおり、当院では痛みの少ない治療を行うこともできます。気になる方は、ぜひ一度無料矯正相談にお越しください!

オンラインWEB初診カウンセリングはこちらから

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
03-6431-0972

〒158-0094 東京都世田谷区玉川3-6-1 6階

このページの先頭に戻る