被せ物などがある場合の矯正治療

マウスピース矯正「専門」
LINE予約
二子玉川」駅より徒歩
03-6431-0972

診療時間:10:00~18:30 / 診療日:水・金・土
※13:00~14:30はお昼休み

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
キービジュアル

被せ物などがある場合の矯正治療

2022年9月16日

皆さんこんにちは。二子玉川駅前デンタルデザイン歯列矯正歯科です。
 
歯の矯正治療に興味をお持ちの方の中には、ブリッジや銀歯といった被せ物や詰め物をされた方もいるのではないでしょうか。「矯正はしたいけど、被せ物をしているから無理」と勝手にあきらめてはいませんか?
 
今回は被せ物などがある場合の矯正治療についてご紹介します。

目次

■基本的には被せ物や差し歯をしたままでも矯正は可能
■ブラケット矯正と被せ物
■マウスピース矯正と被せ物
■審美治療と矯正治療
■まとめ

 

■基本的には被せ物や差し歯をしたままでも矯正は可能


基本的に詰め物・被せ物をしていても矯正治療を行うことができます。
 
矯正治療で歯を動かす際に重要になってくるのは、歯の状態もさることながら、実際に動かしていく歯の根元にある周辺組織(歯根膜や骨)が健康かどうかという点です。この部分が健康であれば、矯正は可能です。
 
しかし、詰め物や被せ物の間からむし歯が発生していたり、歯の根っこに膿がたまっていたりする場合は、先にむし歯治療を優先していただくケースもあります。
 
また後述しますが、被せ物などに使われている素材によっては、矯正方法との相性の問題により、矯正治療のために別途処置が必要な場合もございます。
 
 

■ブラケット矯正と被せ物


被せ物をしている歯にブラケット矯正を行う場合、被せ物などに使われている素材が問題になります。
 
 
【被せ物の素材】
ブラケット矯正は、接着剤を使って歯にブラケットを付け、それをワイヤーで繋いで矯正していく方法です。そのため、接着剤と歯の相性が重要になります。ここからは、歯の素材別に接着剤との相性をご紹介します。
 
○天然歯
ブラケットを歯に付ける接着剤との相性が最も良いのは、何も治療していない天然歯です。
 
一見、ツルッとしている歯の表面のエナメル質ですが、実は顕微鏡などでその構造を詳細に見てみると、「エナメル小柱」と呼ばれる細かい管が集まってできています。この管に、接着剤が上手く流れ込む事によって、歯と接着剤が機械的に噛み合い、矯正装置が接着する仕組みになっています。実際、多くの接着剤は、この天然歯の仕組みを活かすように開発されています。
 
 
○レジン
仮歯などに使用されることのあるレジン(樹脂)と接着剤の相性も、悪くありません。中の構造が粗い事と、接着剤と基本組成が同じ事から、割と接着力は高いと言えます。
 
レジンにブラケットをつけて矯正を行う場合は、歯の表面を少々削る、接着力を上げるなどの処理をすることで、天然歯の上から装着するのとほとんど変わらない効果をあげることができます。
 
 
○金属
銀歯などの金属には接着剤がつきにくく、直接銀歯に装着したブラケットは取れやすいという特徴があります。そのため、銀歯を付けたままの矯正はおすすめできません。
 
ブラケット矯正をする場合は、専用の細かい砂を出す機器(サンドブラスト)で金属の表層に少し傷を作り、接着力を上げるような処理をするケースが多くあります。また前もって、金属製の詰め物を一時的にレジンに交換する方法もあります。
 
 
○セラミック
ジルコニアとも呼ばれるセラミックは、表面が非常につるつるとしており、ブラケット矯正の接着剤に対して粘着しづらいという特徴があります。接着力を上げるために傷を作ろうとすれば、セラミックそのものを壊してしまう可能性もあります。
 
セラミックプライマーと呼ばれる専用の薬剤を使用してブラケットを接着することもできますが、それでも接着力はあまり高くなりません。治療をする際にレジン製の仮歯に置き換えるケースもありますので、治療前に一度よく担当医と相談して決定すると良いでしょう。
 
 

■マウスピース矯正と被せ物


従来のブラケット矯正と並んで、最近ポピュラーな矯正方法として使われているのがマウスピース矯正です。
 
「マウスピース矯正」とは、一人ひとりの歯に合わせて作製されるマウスピース型の矯正装置を歯に装着し、治療の段階に合わせて新しい物に交換しながら徐々に歯を動かして、歯並びを矯正していくという方法です。
 
 
○銀歯や詰め物が入っている場合
すでに銀歯や詰め物が入っていても、マウスピース矯正をすることはできます。ただし、矯正治療では歯を何度も動かしていくことが多く、そのため銀歯や詰め物の形状によっては合わなくなってしまうことも考えられます。
 
結果として矯正が完了した際には、銀歯や詰め物の調整をしたり、作り直したりする必要が生じることもあります。
 
 
○ブリッジが入っている場合
「ブリッジ(連結冠)」とは、欠損している歯について、その両隣の歯から文字通り橋のように繋いだ被せ物をつくり、固定させる方法です
 
マウスピース矯正する際にブリッジが入っている場合でも、ブリッジの入っている箇所とは無関係な場所の矯正をする(例:奥歯にブリッジが入っている歯の、前歯のみ矯正をする)といったケースでは、影響はほとんどありません。そのため、そのまま以前から入っているブリッジを使用することができます。
 
ただし、ブリッジの入っている箇所を含めてマウスピース矯正をおこなう場合には、新しい歯並びに合わせて新たにブリッジを作り直す必要があることも考えられます。
 
 

■審美治療と矯正治療


ここまで紹介した銀歯やブリッジを含め、噛む機能を改善するための治療に加え、「白く形のいい歯にする」「歯並びを整える」などといった美観も考えた歯科治療を、「審美歯科」「審美治療」と呼びます。
 
患者さんの中には、少しでも見た目の美しい歯にしようと、様々な審美歯科治療をされた方もいらっしゃいます。また、まだ治療はしていないけれど、矯正治療と同じく審美治療にも興味があるという方もいらっしゃるでしょう。
 
見た目を整えるという点では、共通しているところもあります。しかし、そのための手法は全く異なります。
 
 
○審美治療のメリット・デメリット
・メリット
審美治療のメリットは、比較的短期間での治療が可能な点です。セラミックなどを使用して、見た目を白く、希望の形にすることが可能です。
 
・デメリット
デメリットとしては、被せ物が一生ものではないので、いずれ被せ物のやりかえが必要になる場合がある事です。また、健康な歯を削ったり、抜いたりすることも多いので、治療を行う際、十分な理解も必要です。
 
 
○矯正治療のメリット・デメリット
・メリット
メリットは、天然の歯を守りながら、歯並びと噛み合わせの改善ができることです。マウスピース矯正や裏側矯正などを使えば、目立たせずに矯正することもできます。
 
・デメリット
デメリットは、矯正治療が2~3年と長い時間かかることです。
 
 
○審美治療より矯正治療を先にした方が効果的な時もある
もし元々の歯並びに根本的な問題があった場合、どんなに悪い歯並びに合わせて審美治療を施しても、満足のいく歯の状況にはなりません。
 
また前述したように、矯正治療を行うための被せ物の交換や、矯正治療で合わなくなった被せ物などの作り直しというケースもあります。被せ物などが多い場合は、矯正治療中に外れてしまったり、破損したりしてしまう場合も出てきます。
 
審美治療と矯正治療のどちらを迷われている方はご自身だけで判断せず、まずは歯科医師へご相談されることをおすすめします。
 
 

■まとめ


今回は「被せ物がある場合の矯正治療」として、審美治療と矯正治療の関係についてお伝えしてきました。
 
当院では、今回のように被せ物がある場合の矯正治療についてなど、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
 
ご興味がある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。
 

オンラインWEB初診カウンセリングはこちらから

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
03-6431-0972

〒158-0094 東京都世田谷区玉川3-6-1 6階

このページの先頭に戻る