インビザライン矯正も後戻りする?

マウスピース矯正「専門」
LINE予約
二子玉川」駅より徒歩
03-6431-0972

診療時間:10:00~18:30 / 診療日:水・金・土
※13:00~14:30はお昼休み

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
キービジュアル

インビザライン矯正も後戻りする?

2022年7月29日

こんにちは。二子玉川駅前デンタルデザイン歯列矯正歯科です。
 
「インビザライン矯正でも後戻りはありますか?」というご相談を受けることがあります。
せっかく治療費と、期間をかけて歯列矯正をしても、その結果が長期間維持できないというのでは困りますよね。
 
今回はインビザライン矯正で後戻りが起こる理由や後戻りした場合の対処法などについてご紹介します。
インビザラインに興味がある方や検討している方はぜひ参考にしてください。

目次

■歯の後戻りとは?
■インビザライン矯正は後戻りをしやすい?
■インビザラインで後戻りをしてしまう理由
■インビザラインで後戻りしたときの対処法
■まとめ

 

■歯の後戻りとは?


後戻りとは、矯正治療後、きれいになった歯並びが元に戻ってしまうことです。
矯正前の歯並びに完全に戻るのではなく、歯と歯の間に隙間ができたり歯がでこぼこしたりすることが多いです。これは歯を支えている骨が安定しないため起こります。これはインビザライン矯正に限らずワイヤー矯正でも同様です。
 
矯正治療で歯を動かすときには、まず歯を支えている骨が吸収されて歯が移動し、動いた場所で新たに骨が形成され、固定化されます。矯正治療が終了したばかりの歯の根の周囲の骨はまだ弱くて不安定なため、歯は普段よりもずっと動きやすい状態です。
 
その状態で食事をしたり、以前の習慣のまま口や顎の動きを続けたりすると、歯が後戻りしてしまうのです。また抜歯など、口の中を大きく変化させたケースほど不安定になるので、後戻りのリスクが大きくなります。
 
従って、矯正治療終了後は歯を支えている骨が安定するまで「保定装置(リテーナー)」と呼ばれる装置をつける必要があります。
 

■インビザライン矯正は後戻りをしやすい?



 
従来のワイヤー矯正と比べるとインビザライン矯正は<後戻り>は起きにくいと言われています。
これは、インビザライン矯正ではマウスピースを用いるため、保定装置を使用することに抵抗を感じる方が少ないからだと考えられています。
 
ワイヤー矯正では矯正終了後にマウスピース型やプレート型の保定装置を用います。しかし、多くの方がこの保定装置を付けることに慣れていないため、抵抗を感じてしまい、習慣になる前に途中でやめてしまうことがあるのです。
 
一方、インビザライン矯正ではマウスピースをつける習慣がすでにあるため、保定装置を使うことに抵抗を感じることは少ないでしょう。そのためインビザライン矯正は、後戻りすることが比較的少ないのです。
 

■インビザラインで後戻りをしてしまう理由


インビザライン矯正は保定装置を使い続ければ後戻りしにくいのですが、矯正中・矯正後に後戻りをする場合もあります。
主な理由としては下記の4つが考えられます。
 
1) マウスピースの装着時間を守らなかった
インビザライン矯正中は1日22時間以上マウスピースを装着する必要があります。
基本的には食事と歯磨きのとき以外はずっと付け続けるイメージですが、マウスピースですからご自身で自由に着脱ができます。
ただ外している時間が長くなると計画通りに治療が進まなくなることに加えて、後戻りしてしまう可能性があります。
インビザライン矯正中はマウスピースの装着時間は必ず守るようにしましょう。
 
2) 保定装置(リテーナー)を使用しなかった
歯並びの矯正治療後には「後戻り」を防ぐため「保定」という処置を行います。
従来のワイヤー矯正と同様に、インビザライン矯正の治療後にも必ず行います。
矯正治療で並べた歯を固定し、後戻りを防ぐ保定装置(リテーナー)を使用します。
 
期間は矯正治療と同様に約2~3年必要になると言われています。期間は人それぞれ異なりますが、初めの半年間は1日中装着し、残りの期間は就寝時に使用することが多いです。この保定装置の装着を忘れたり、自己判断でやめたりしてしまうと後戻りが起きます。また、歯並びは日頃の癖や加齢とともに動いてしまいます。そのため、保定期間が終了しても就寝時の保定装置は必要になる場合もあります。
 
3) 口腔習癖がある
口腔習癖とは、日常生活の中で無意識に行なっている口に関係した習慣のことです。例えば、爪や唇を噛む・舌で前歯を押す・口呼吸などです。
矯正治療を終えたあともこのような癖が続いていると、後戻りを起こしたり歯並びを悪くしたりする原因になります。
 
このような口腔習癖がある場合は、インビザライン矯正中にトレーニングを行うなど、改善を目指していくと良いでしょう。
 
4)歯周病が進行している
歯周病とは、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患で、歯の周りの歯ぐき(歯肉)や、歯を支える骨などが溶けてしまう病気です。
そのため歯周病が進行していると歯を支えている骨が安定しないため、後戻りしやすくなります。
 
歯周病予防のためにも矯正中・後は、定期的に歯科医院で検査やクリーニングを受けると良いでしょう。
 

■インビザラインで後戻りしたときの対処法


後戻りしたときは以下のような対処法が挙げられます。
 
1) 保定装置で進行しないようにする
早期に後戻りしていると感じた場合は、保定装置を使用してそれ以上進行しないようにしましょう。
ただし、進行した状態で保定装置を使用してしまうと、入らなかったり装着時に痛みを伴ったりする場合があります。
無理をして保定装置を入れてしまうと歯を支えている骨に負担がかかり、さらに症状が進行してしまうこともあるため、入りにくい場と感じた場合はお気軽にご連絡ください。
 
2)再度矯正治療を行う
後戻りを治すには、再度矯正治療を行う方法があります。
早期に再度矯正治療を行うことで、比較的短期間で改善が見込めます。
後戻りをそのままにしてしまうと症状が進んで歯並びが悪くなったり、治療が長引いてしまったりすることもあります。
もし、歯がでこぼこしていたり、歯並びに違和感を感じたりすることがあれば、早めに担当医に相談すると良いでしょう。
 

■まとめ


今回はインビザライン矯正で後戻りが起こる理由や後戻りした場合の対処法などについてご紹介しました。
 
インビザライン矯正でもマウスピースの装着時間を守らなかったり、保定装置を使用しなかったりすると元の歯の位置に戻ろうとする、「後戻り」が起きることがあります。このような場合、再度矯正治療が必要になり、時間や金銭的に負担がかかります。後戻りを予防するためにも、今回ご紹介したポイントを参考になさってください。
 
また、当院では後戻り矯正も実施しております。
「歯並びを綺麗にしたい!!という心からの想いで矯正治療を決心されたのに、何らかの理由でそれが達成することができなくなってしまった方に、再度、高額な治療費、長期間の治療という負担を負わせたくない」という想いから、「短期間」で、かつ「お手頃価格」で提供しております。
後戻りが気になる方はぜひお気軽にご相談くださいませ。
インビザラインについて検討中の方やお悩みの方もどうぞお声がけください!

オンラインWEB初診カウンセリングはこちらから

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
03-6431-0972

〒158-0094 東京都世田谷区玉川3-6-1 6階

このページの先頭に戻る