インビザライン(マウスピース矯正)で 失敗してしまうケース

マウスピース矯正「専門」
LINE予約
二子玉川」駅より徒歩
03-6431-0972

診療時間:10:00~18:30 / 診療日:水・金・土
※13:00~14:30はお昼休み

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
キービジュアル

インビザライン(マウスピース矯正)で 失敗してしまうケース

2022年7月1日

今や多くの人に認知・利用されているインビザライン。
透明で目立たないマウスピース矯正ですが、今回はそのインビザラインが
残念ながら失敗してしまうケースについて、原因も含めてお話します。

現在インビザラインを行っている、もしくはこれからインビザラインを考えていて、
絶対に失敗したくない!という方はぜひ最後までご覧ください。

 

目次

■インビザラインで失敗するケース
■インビザラインで失敗しないために
■まとめ
 
 

■インビザラインで失敗するケース


インビザラインによる矯正が失敗に終わってしまうというケースには、
大きく分けて6つのパターンがあります。
 
①歯根が露出した
まず一つ目が、インビザライン矯正により歯根が露出してしまうケースです。
歯は顎の骨に埋まっています。歯列矯正により無理な力をかけることで、
歯肉の退縮につながり、歯根が露出すると考えられています。
また、歯根が露出すると、「ブラックトライアングル」という歯と歯の間に隙間が
生じてしまう可能性もあり、これが生じるとそれを目立たなくするためにさらなる治療が
必要になることもあります。
無理な矯正計画を立てた場合、このように歯根が露出してしまうケースがあります。
 
②噛み合わせが悪化
治療計画やマウスピースに問題があった場合、インビザラインにより歯並びは綺麗に
整ったとしても、噛み合わせが悪化してしまうというケースも考えられます。
 
③歯並びが悪化
歯列や噛み合わせを整えるための矯正だったはずが、反対に歯並びが悪化してしまう
というケースもあります。特に多くみられるのが、正中とよばれる口の中心が合わなくなってし
まうケースです。
出っ歯や受け口などが改善されたとしても、正中がずれてしまったことにより、うまく噛み合わない
失敗例が多く見受けられます。これは矯正が完了するまで気づかない方も多いので注意が必要です。
 
④むし歯・歯周病の原因に
インビザラインが原因で、むし歯や歯周病を誘発してしまうケースもあります。
原因は、口腔内の不衛生と考えられます。下記のような使用方法は注意が必要です。
 
・長時間のマウスピース着用
・装置の衛生管理不足(洗浄不足)
・マウスピースを付けたままの食事
・歯磨きなどの口腔内ケアの不足
 
むし歯や歯周病が発覚した場合、その治療が優先されるため、矯正期間も当初の予定より
伸びる恐れがあります。
また、むし歯や歯周病により、マウスピースが合わなくなってしまうことも考えられます。
その場合、型取りから再度行わなければならない場合もあるので、マウスピース矯正中の
むし歯や歯周病には注意が必要です。
 
⑤歯型を取ってから時間がかかった
マウスピースが完成しているのにも関わらず、装着までに時間がかかってしまった場合、
矯正失敗につながるリスクが高くなります。
器具を装着していなくても、歯の位置は日々少しずつ変化しています。そのため、マウスピースが
完成したら可能な限りすぐに歯科医院へ受け取りに行き、装着を開始することが大切です。
 
⑥矯正の効果が薄かった
インビザラインを行った方の中には、歯列矯正の効果が薄かったと感じる方もいるようです。
歯列矯正の効果が低い原因には、次のことが考えられます。
 
・保定装置をしっかり装着せず、後戻りした
・マウスピースを順番通り装着しなかった
・すべてのマウスピースを装着しなかった
・必要な時間以上の装着がなかった
・途中でむし歯や歯周病にかかった
 
このような原因には、ルールをしっかり守らず矯正治療が計画通りに進まなかった場合や、
保定装置を正しく装着しなかったために後戻りを起こしてしまった場合などが考えられます。
せっかくお金と時間をかけて矯正治療をするのですから、決められたルールや使用方法・
期間を守って効果を最大限発揮させるように努力していただくことも非常に大切です。
 
 

■インビザラインで失敗しないために


ではここからは、インビザラインで失敗しないためにどのようなことに注意をすれば
よいのかをご紹介します。
 
①実績・経験・技術がそろった歯科医師を選ぶ
インビザラインは矯正の知識がある歯科医が扱える矯正方法であり、全体矯正・部分矯正
どちらも可能です。
デジタルで歯型を取り、マウスピースの制作自体は外部へ発注しますが、肝心の治療計画を
立てるのは担当の歯科医師です。インビザライン矯正では、医師が判断しなくてはならない
ことは多くあり、根拠を持ってその判断ができているかが治療の成功・失敗を左右します。
 
インビザラインの症例をたくさんこなしている歯科医院や、しっかりと認証を受けた歯科医院で
あるかなど、治療前から見極める必要があります。
また、資格や経験だけではなく、「この先生なら任せられる」という信頼関係を築けるかどうかも
重要なポイントになります。
 
②装着時間をしっかり守る
インビザライン矯正で失敗しないためには、装着する患者様本人がしっかりと装着のルールを
守ることが必要不可欠です。
インビザラインの着用は、1日20~22時間の着用が推奨されています。
食事や歯磨きの際は、衛生面からも装置を外した方がよいですが、それ以外の時間はなるべく
装着するように心がけましょう。装着時間を守らず使用すると、治療計画通りに歯が動かず、
矯正失敗の原因になります。
どうしても装着できない時間ができる場合には、担当の医師に相談するか、装着できなかった分の
時間をプラスしてから次のアライナーへ交換するなどの必要があります。担当医の指示にしっかり従い、
正しい装着をしましょう。
 
③マウスピースや歯の手入れをしっかりと行う
マウスピースや歯の手入れをしっかり行うことも大切です。手入れをしっかりせず、口腔内の
衛生環境が悪化すると、むし歯や歯周病、口臭などのトラブルの原因にもつながります。
これらのトラブルを引き起こしてしまうと、矯正が計画通りにスムーズに進まなかったり、
途中で中断せざるを得ない可能性が出てきます。
せっかく始めた治療の中断を避けるためにも、歯のお手入れに加えてマウスピース装置も
しっかりとお手入れし、清潔な状態を保ちましょう。
 
 

■まとめ


今回は、インビザラインで失敗してしまう6つのケースと、それを避けるための3つの対策
をご説明しました。
 
上述したように、インビザライン矯正では、特に歯科医院・歯科医師選びが重要です。
そこで参考にしたいのが、インビザライン矯正のステータスランクです。
インビザライン矯正には、7つのランクが設定されています。
当院はトップクラスにあたる「ダイヤモンドプロバイダー」の認定を受けています。
インビザライン矯正(マウスピース矯正)を年間150症例以上行った医院が認定されます。
 
インビザラインによる矯正を始めようか迷っている方、現在治療中だが思ったような結果が
出ていない方など、インビザラインに関するお悩みはぜひお気軽に当院までお問い合わせください。

 

インビザライン矯正の詳細は「マウスピース矯正」をご覧ください。

 

また、マウスピース矯正で失敗してしまった方は「こちら」をご覧ください。


オンラインWEB初診カウンセリングはこちらから

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
03-6431-0972

〒158-0094 東京都世田谷区玉川3-6-1 6階

このページの先頭に戻る