インビザラインとほかのマウスピース矯正の違いは?

マウスピース矯正「専門」
LINE予約
二子玉川」駅より徒歩
03-6431-0972

診療時間:10:00~18:30 / 診療日:水・金・土
※13:00~14:30はお昼休み

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
キービジュアル

インビザラインとほかのマウスピース矯正の違いは?

2022年5月6日

 
こんにちは。マウスピース矯正専門の二子玉川駅前デンタルデザイン歯列矯正歯科です。
これまでは、銀色のワイヤーを使った矯正治療が一般的でしたが、現在はさまざまな矯正治療法があります。
 
特に、周りから矯正治療中だということが気づかれたくないという方に人気なのが透明なマウスピース矯正「インビザラインⓇ」です。
インビザラインは、透明で目立ちにくい矯正装置で、世界シェアがナンバーワンという特徴を持ちます。
 
そこで今回は、インビザラインとほかのマウスピース矯正の違いやインビザラインのメリットなどをご紹介します。目立たない矯正治療で理想的な口元を手に入れたいという方は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

目次

■インビザラインの特徴
■一般的なマウスピース矯正装置の特徴
■マウスピース矯正の注意点
■当院のインビザライン
■まとめ

 

■インビザラインの特徴


まずは、インビザラインの特徴を詳しくご紹介します。
 

  • 年齢に合わせた適切なタイプ
  • インビザラインは、年齢に合わせ適切なタイプが用意されています。
     

  • ほかのマウスピース矯正にない治療範囲
  • インビザラインは前歯のみだったり、奥歯を含む全体治療だったりと、治療範囲は幅広いです。
    部分的な歯の移動にとどまらず、ほかのマウスピース矯正では難しいような、全歯の移動に対応しているのです。
     

  • 幅広い適応症例
  • インビザラインは、重度の出っ歯やすきっ歯、受け口、八重歯、ガタガタの歯、抜歯が必要な歯並びの乱れ、ワイヤー矯正で後戻りしてしまったケースなど、幅広い症例に対応しています。
     

  • 噛み合わせの改善まで可能
  • 多くのマウスピース矯正の場合、噛み合わせまでは改善できないケースが少なくありません。
    しかし、インビザラインは歯列全体を動かすことができるので、噛み合わせの改善まで可能なのです。
     

  • 来院頻度が少ない
  • 毎回型取りをしなければならないほかのマウスピース矯正の場合は、型取りのために1ヶ月に一度程度歯科医院に行かなければなりません。
     
    しかし、インビザラインは型取りが最初の一回のみで、それ以降は調節がマウスピースの交換でできるので、通院頻度が少ないといったメリットがあります。
     

  • 歯の型取りの負荷が軽減される
  • アソアライナーのようなマウスピース矯正の場合は、毎月マウスピースを交換するたびに印象材を使用した型取りが必要になります。
    ですが、インビザラインは最初に一回のみで型取りが終了します。
     

  • 目立ちにくい見た目
  • インビザラインは透明な材料で作られているので、装着時に関してもほとんど目立ちません。
    しかし、歯を動かす力を高めるために、アタッチメントやゴムが必要となる場合もあります。
     

  • 痛みや違和感が少なく済む
  • インビザラインでの矯正治療中は、少し痛みを感じることもあります。
    しかし、治療前に最も効率の良い歯の動かし方をシミュレーションし、シミュレーションに基づいて装置が作成されます。そのため、歯の動きに無駄がなく、痛みや違和感が最小限に抑えられるのです。
     
    また、インビザラインは着脱式なので、痛みがどうしても我慢できない場合は、少しの間、外して休憩することも可能です。
    ※1日の装着時間はしっかり守りましょう。
     

  • 後戻りリスクを最小化する保定装置
  • どのような矯正装置を使用したとしても、歯列の後戻りの可能性はゼロではありません。そのリスクを最小限にするために欠かせないのが、保定装置を使った保定です。
    保定装置をしっかり使って、後戻りを防ぐことが大切です。
     


     

    ■一般的なマウスピース矯正装置の特徴


    インビザライン以外のマウスピース矯正は、歯が動くたびに歯型をとり、次のマウスピースを作成します。歯型を取る際は、大きなトレーを口の中に入れて、数分間じっとしている必要があります。
    これを、苦痛に感じる方も少なくありません。
    しかも、この型取りを2週間~1ヶ月に一度行う必要があるのです。
     
    また、マウスピースは歯科技工士が一つ一つ手作業で作成するので、歯科医師と共に歯科技工士のスキルが高くないと、計画通りに歯を動かす効果が期待できません。
     
    さらに、ほかのマウスピース矯正は治療期間の予測が難しいというデメリットがあります。来院頻度も高いので、仕事や私生活で忙しい方には時間を取るのも大変になってしまうでしょう。

     

    ■マウスピース矯正の注意点


    スキルが向上して適応症例も拡大し、症例数が増加しているマウスピース矯正ですが、目標とした歯並びにならず失敗してしまうケースもあります。ここからは、インビザラインやマウスピース矯正の注意点をご紹介します。
     

  • マウスピースの装着時間や交換期間を守る
  • マウスピース矯正にはいくつかの種類があり、それぞれ治療方法が異なることはご理解いただけたでしょうか。
    どんなマウスピース矯正であっても、取り外しができるので日常生活への支障が少なく、非常に便利な矯正治療法であることは間違いありません。
     
    しかし、マウスピースは患者様ご自身で取り外しができるために、歯科医師の指示に従ってマウスピースの装着時間や交換期間を管理しないと、治療が計画通りに進まず、失敗につながる場合もあるでしょう。
     
    マウスピースの種類によって、マウスピースの装着時間や交換期間が違います。患者様の自己判断でマウスピースの装着時間や交換期間を変えてしまうと、治療計画にズレが出てしまい、新しいマウスピースがうまくはまらなくなってしまうケースもあるのです。
     
    また、マウスピースを作成しなおしたり、治療期間が伸びたりすると、治療費が高くなってしまうこともあるので気をつけましょう。
     

  • 口腔ケアをしっかり行う
  • マウスピース矯正はワイヤー矯正とは違って、これまで通り歯磨きやデンタルフロスを行うことが可能です。しかし、アタッチメントや矯正装置を付けていると、歯磨きがしにくい場合もあります。
     
    矯正治療中に虫歯や歯周病になってしまうと、虫歯や歯周病治療を優先しなくてはなりません。また、虫歯や歯周病が悪化すると、矯正治療を中断しなければならないケースもあるのです。
    矯正治療中は、虫歯や歯周病にならないように念入りに口腔ケアを行うことが大切です。

     

    ■当院のインビザライン


    インビザラインのマウスピース矯正を行う医院には、7つのランクが認定されています。
    当院では、上位クラスに当たる「ダイヤモンド」の認定を受けております。これは、豊富な治療実績を持つ歯科医院のみが認定されるのです。
     
    また、当院のインビザラインは、44万円(税込)~/月額4,300円(税込)~でスタートできます。
    インビザラインの相談は無料で出来ますので、気になる方はぜひお気軽にご相談くださいね。

     

    ■まとめ


    最近ではマウスピース矯正が増え続けていますが、信頼できるメーカーはそれほど多くないのが現状です。
    治療実績の乏しいメーカーを使用してしまうと、「理想とする歯並びにならなかった」「後戻りにつながってしまった」というリスクが高まってしまいます。
     
    これではせっかくかけた時間とお金が無駄になってしまうでしょう。
    このような事態を予防するために、当院では世界シェアナンバーワンのインビザラインを使用しています。どうか安心してご来院くださいね。
     
    また、当院では患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問、不安などにお応えする機会を設けております。どのような些細なことでも構いませんので、ぜひ私たちにお話ししていただけたらと思います。
     
    ご興味がある方は、ホームページからお問い合わせください。一緒に口元や歯並びのお悩みを解決していきましょう。
     

    オンラインWEB初診カウンセリングはこちらから

    初診「個別」相談へのご案内

    当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
    ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

    • 無料カウンセリング
    • 無料メール相談
    03-6431-0972

    〒158-0094 東京都世田谷区玉川3-6-1 6階

    このページの先頭に戻る