受け口を歯列矯正で改善: 40代女性の反対咬合をインビザラインで治療

マウスピース矯正「専門」
LINE予約
電車二子玉川」駅より徒歩
03-6431-0972

診療時間:10:00~18:30 / 診療日:水・金・土
※13:00~14:30はお昼休み

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
キービジュアル

受け口を歯列矯正で改善: 40代女性の反対咬合をインビザラインで治療

2024年6月16日

受け口(下顎前突)は、下顎が上顎よりも前に出ている状態を指します。

この問題を改善するためには、適切な矯正治療が必要です。今回は受け口の改善についてご紹介します。

 


1. 受け口の問題とは?

受け口は、噛み合わせや顔のバランスに影響を与えるだけでなく、発音や食事にも支障をきたすことがあります。

これを改善するためには、専門的な矯正治療が必要です。

2. インビザラインによる治療

インビザラインは、アライナー矯正の中でも最も広く知られているブランドの一つです。

インビザラインは、3Dスキャンを使用して個別にカスタマイズされたアライナーを提供し、受け口を効果的に改善します。

  • メリット

    • 見た目の良さ

      : 透明なアライナーは目立ちにくく、治療中でも他人に気づかれにくいです。

    • 取り外し可能

      : 食事や歯磨きの際にアライナーを取り外すことができ、衛生管理がしやすいです。

    • 快適さ

      : 金属のブラケットやワイヤーがないため、口腔内の違和感が少ないです。

 

3. 受け口の改善プロセス

インビザラインを使用した受け口の治療は、次のステップで進行します。

  1. 初診と診断: 歯科医師が口腔内を検査し、受け口の状態を評価し治療計画をご説明します。
  2. 3Dスキャンと計画作成: インビザラインのシステムを使用して、歯の動きのシミュレーションを行い、治療計画を作成します。
  3. アライナーの作成: 計画に基づいて、個別にカスタマイズされたアライナーが製作されます。
  4. 治療開始: 患者さんは定期的に新しいアライナーに交換し、歯を少しずつ動かしていきます。
  5. 定期的なチェックアップ: 歯科医師による定期的なチェックアップを受け、治療の進行状況を確認します。

4. 結果と効果

インビザラインによる受け口の治療は、通常数ヶ月から1年以上の期間を要しますが結果として美しい歯並びと正常な噛み合わせを実現できます。

患者さんの生活の質も大きく向上します。

 

 

5. 治療報告

今回は40代女性の反対咬合をインビザラインで治療を行なった症例を提示します。

 

 

 


結論

受け口の治療には、インビザラインをはじめとするアライナー矯正が非常に効果的です。

見た目の自然さと取り外し可能な利便性を兼ね備えたこの治療法は、多くの患者さんにとって理想的な選択肢となります。

専門の歯科医師と相談し、自分に最適な治療計画を立てて、美しい歯並びを手に入れましょう。

 

治療に関するご相談やご予約は、一度、二子玉川駅前デンタルデザイン歯列矯正歯科  https://www.futako-ortho.comにご相談ください

 

二子玉川駅前デンタルデザイン歯列矯正歯科
TEL:03-6431-0972

御予約はこちら https://www.futako-ortho.com/contact/#link03

 

 

 

 

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
03-6431-0972

〒158-0094 東京都世田谷区玉川3-6-1 6階

このページの先頭に戻る