インビザラインの正しい取り外し方と付け方のコツ

マウスピース矯正「専門」
LINE予約
二子玉川」駅より徒歩
03-6431-0972

診療時間:10:00~18:30 / 診療日:水・金・土
※13:00~14:30はお昼休み

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
キービジュアル

インビザラインの正しい取り外し方と付け方のコツ

2022年6月10日

こんにちは。世田谷区にある二子玉川駅前デンタルデザイン歯列矯正歯科です。
 
透明で目立たないインビザラインは、周りから矯正治療中ということを知られにくいという点が人気ですが、インビザラインは自由に取り外せるという点も魅力です。

食事や歯磨きの際に取り外しができるので、思い切り食事を楽しめますし、丁寧に歯磨きすることも可能です。
 
そこで今回は、インビザラインの正しい取り外し方や、付け方のコツをご紹介します。インビザラインで歯列矯正中の方や、インビザラインを検討中の方は、ぜひ参考にしてください。
 

目次

■インビザラインとは
■インビザラインの正しい取り外し方
■インビザラインの正しい取り付け方
■もしインビザラインが破損したら…
■もしアタッチメントが脱離したら…
■インビザラインを間違った方法で外すと…
■まとめ

 

■インビザラインとは


インビザラインは、米国アライン・テクノロジー社が1999年に米国の矯正歯科医師を対象に提供し始めたマウスピース型のカスタマイズ矯正歯科装置です。
インビザラインは、事前に治療が完了するまで歯がどのように動いていくのかを確認できるのが大きな魅力です。
 
インビザラインは、ワイヤー矯正のように目立たないという大きなメリットがあります。ワイヤー矯正は歯の表面に矯正装置が付いているので、周りから矯正していることが知られてしまいます。
 
しかし、インビザラインは、透明なマウスピース型なので、周りから気付かれることがほとんどありません。
 
また、インビザラインは取り外しができるので非常に便利で快適です。
しかし、取り外しができる反面、ご自身でしっかりと管理する必要があるのです。インビザラインを装着し忘れたり、装着している時間が短かったりすると、思うような効果が期待できないので気を付けましょう。
 

 

■インビザラインの正しい取り外し方


 
インビザラインを取り外す際は、必ず奥歯の歯の裏側から外しましょう。歯の表側から取り外そうとすると、アタッチメントが脱離しやすいのです。
また、前歯から取り外そうとすると、インビザラインの辺縁を傷つけてしまう可能性があるので、必ず奥歯から外すようにしましょう。
 
万が一、アタッチメントが脱離した場合は、インビザラインの内側のアタッチメントがはまるくぼみに脱離したアタッチメントがはまっているか、口腔内に残っているかのどちらかの場合が多いです。
 
初めてインビザラインで矯正治療する場合や、新しいマウスピースに交換した場合は、特に外しにくいと感じるので、慎重に行うようにしましょう。
 
インビザラインがどうしても取り外せない場合は、リムーバーという外すための補助道具を使います。リムーバーは失くしやすいので、必ずインビザラインのケースの中に入れるようにしましょう。
 
基本的にマウスピースは、付けるときよりも外すときのほうが難しいです。

 

■インビザラインの正しい取り付け方


 
インビザラインを付ける際は、必ず両手でインビザラインを持って、奥歯からゆっくりと歯に圧接するように付けます。この際、頬の粘膜をマウスピースに巻き込みやすいので気を付けましょう。
インビザラインを中途半端に装着した状態で噛みこんで装着してしまうと、マウスピースが破損する可能性が高いです。
 
インビザラインを手で付け終えたら、チューイーを噛んでいくと良いでしょう。
チューイーは、シリコン製のロールチューブです。
これは、前歯から順に噛んでいったとしても、奥歯から順に噛んでいったとしてもどちらでも構いません。
特に前歯は浮きやすいので、前歯同士はしっかりと噛むようにしましょう。
 
チューイーは、マウスピースと歯の隙間を完全になくすものであり、非常に重要なアイテムです。
チューイーを噛んだ後は、圧迫感や違和感が出ることがあります。しかし、これはマウスピースがきちんと装着された際に起こることなので、安心してください。
 
また、チューイーは使っていると徐々に弱くなってくるので、定期的に交換すると良いでしょう。
新しいマウスピースのときは、特にマウスピースが浮きやすいので注意しましょう。

 

■もしインビザラインが破損したら…


 
もし、インビザラインを付け外した際に破損してしまったら、無理に装着しようとせず、すぐにかかりつけの歯科医院を受診しましょう。
 
インビザラインが最も破損しやすい箇所は前歯部分です。それは、付けたり外したりする際に、前歯に応力がかかるからです。
装置が外れにくい場合や付けにくい場合には、お気軽に担当医までご相談ください。

 

■もしアタッチメントが脱離したら…


 
付け外しの際に、アタッチメントが脱離してしまうこともあります。
アタッチメントは歯の色によく似たプラスチックを歯の表面に付与しているので、実際に脱離したとしても、患者様ご自身が気づかないことも良くあります。
 
そのため、アタッチメントがどの歯に付与されているのか、アタッチメントが付与された時点で患者様ご自身も把握していることをおすすめします。
 
アタッチメントが脱離したときは、すぐにかかりつけの歯科医院に連絡しましょう。あまり重要ではないアタッチメントの場合は、しばらくそのままでも特に問題はありませんが、歯に力をかけるための重要なアタッチメントの場合は、すぐにアタッチメントを再付与する必要があるので気を付けましょう。

 

■インビザラインを間違った方法で外すと…


 
インビザラインは弾力がありますが、間違って無理な力を加えて外すと、以下のようなトラブルが起こる場合があります。

 
・マウスピースの変形
・マウスピースの破損
・アタッチメントの脱離
 
特に、無理な力を加えてしまうと、マウスピースが変形して入らなくなったり、浮いたりする可能性があります。
マウスピースが変形したまま使っていると、歯が動かないばかりか、治療計画にはなかった歯が動く可能性も考えられます。
 
また、無理な力でマウスピースを外すと、マウスピースが割れてしまう可能性も高いです。マウスピースが割れたタイミングが交換したばかりだと、作り直しになる場合もあるので注意しましょう。

 

■まとめ


 
歯列矯正は、ある程度の時間やお金がかかります。「痛みはあるの?」「どんなところが不便?」「本当に効果があるの?」「自分の歯並びでも治せるの?」など、人によっていろいろな不安がつきものです。
 
インビザラインを検討中の方は、周りにインビザラインの経験者がいないと、実体験が利けないのでなかなかイメージがしにくい状況です。
 
そんなときは、歯科医院に相談してみましょう。歯科医師は患者様の声を常に聞いています。そして、矯正治療の知識もデータも持っています。
また、矯正治療が始まってからも、不安やお悩みがあったら、歯科医院に相談しましょう。
 
例えば、マウスピースの取り外しがうまくできない、マウスピースを破損・紛失してしまった、アタッチメントが外れた、マウスピースの洗浄の仕方がよくわからない…など、いろいろなことを相談できます。
 
中には、治療計画に関わることもあります。一人で悩まず、ぜひ当院までご相談くださいね。
 
当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問、不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにいろいろお話していただけたらと思います。
ご興味がある方は、当院のホームページからお問い合わせくださいね。

 

オンラインWEB初診カウンセリングはこちらから

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
03-6431-0972

〒158-0094 東京都世田谷区玉川3-6-1 6階

このページの先頭に戻る