インビザライン®️の認知と安全性

マウスピース矯正「専門」
LINE予約
二子玉川」駅より徒歩
03-6431-0972

診療時間:10:00~18:30 / 診療日:水・金・土
※13:00~14:30はお昼休み

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
キービジュアル

インビザライン®️の認知と安全性

2022年3月11日

世界で1,100万人以上に使われた実績があり、当院でも強くお勧めしておりますインビザライン®️ですが、今回はその認知度と安全性に焦点をあてて、お話をしていきたいと思います。マウスピース矯正をご検討中の方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

目次

■インビザラインの歴史
■インビザラインの認知度と利用者数
■インビザラインの評価
■インビザラインの安全性
■「歯並びと咬み合わせの専門家」である当院にご相談ください

 

■インビザラインの歴史


近年ではその名前を聞くことが多くなったインビザライン矯正ですが、実は日本発祥のものではなく、アメリカで開発された矯正方法です。

インビザラインの開発秘話として、おもしろい話があります。
インビザラインが開発されたのは1997年。アメリカの ジア・チシュティ氏とケルシー・ワース氏によって考案されました。興味深いのは、二人とも歯医者ではない、ということです。実は彼らは、スタンフォード大学でMBA(経営学修士)を取得したコンピューターの専門家なのです。では、歯医者ではない2人がどのようにインビザラインを考えついたのでしょうか。

ある日、二人の何気ない会話の中で、ジア・チシュティ氏が昔受けたワイヤー矯正について、痛くて装置が目立つのがとても嫌だったと話しました。
ケルシー・ワース氏はそれを聞き、自分も過去に矯正治療を行い、現在は保定用の透明なマウスピースをつけているが、そのマウスピースを数日使わないと歯が動いてしまう。けれども、またマウスピースをつけると綺麗な位置に歯が戻る。というような話を聞かせます。

そこで2人は、このマウスピースを応用したらワイヤーを使わないで歯が動かせるのではと思いつきました。装置も透明で目立たず、頬にあたる痛みもなく、一石二鳥です。

そこから、彼らは専門とする3Dコンピューター技術を駆使して矯正治療を行う、マウスピース矯正という新しい矯正治療を開発しました。こうして生まれたのが、インビザラインです。会社名は、アラインテクノロジーといいます。

こうしてインビザライン矯正は、全米に普及後、日本をはじめとした世界に広がっていきました。

 

■インビザラインの認知度と利用者数


開発国であるアメリカにおけるインビザラインの認知度は、当然のことながら世界で最も高い水準を誇っています。

2012年に行われた「目立たない歯科矯正に対する認知度の比較調査」では、アメリカの認知度は83.0%という非常に高い結果が報告されています。
マウスピース矯正におけるメリットやデメリット、それから精密検査でみられるポイントや治療方針なども、アメリカ人の方が認知している幅が広いといえます。

アメリカではインビザラインのCMが放送されているということもあり、既に200万人近い患者さんがインビザラインでの歯列矯正を行っています。そもそもアメリカ人というのは、小さい頃に矯正治療を受けるのが普通であるという文化が根付いているため、インビザライン矯正の認知度が高いのはある意味当然かもしれません。

日本はどうでしょうか。残念ながら、日本でのインビザライン知名度はまだまだ高い方ではなく、認知度の割合は30.5%程度となっています。
日本がインビザラインを導入したのは、2006年です。このブログを読まれている皆さんは、きっとインビザラインと聞いて、マウスピースを用いた歯の矯正ということをすぐにイメージできるのではないかと思いますが、普段から歯科に関心がない方の中には、名前すら聞いたことがないという方も、まだまだいらっしゃるはずです。

近年は日本でもインビザラインを導入する歯科医院が増えてきましたが、それでも矯正治療と言えば第一選択肢としてまずワイヤー矯正が挙げられるのが現状です。
ワイヤー矯正は日本では最もポピュラーでオーソドックスな治療法であり、ほとんどの症例に対応できること、実績もあり歴史も古いことから根強く行われています。ワイヤー矯正中心の文化があり、インビザラインによる実績やメリットなどについて未知な部分が多いことなどから認知度が伸び悩んでいると言えます。

それでも見た目が気になるという方や、周りに矯正治療を行っていることを知られたくない方が多いことも事実です。そのような人々のニーズに合致する「見えない矯正治療」としてインビザラインは徐々に知られ始めています。

 

■インビザラインの評価


インビザラインの特徴として、見た目の目立ちにくさ、取り外しが可能なため虫歯などのリスクを抑えられることなどが挙げられます。
従来の矯正治療にはないメリットをたくさん持ち合わせた治療法でもあるインビザラインですが、歯科医師の間ではどのように評価されているのでしょうか。

歯科医師にとって、歯の動きというのはあくまで予測です。ワイヤー治療はほとんどの歯並びや、難しい症例でも対応できる治療法ですが、予見した歯の動きではなかったり、歯の動くスピードが遅かったりすることがあり、なかなかゴールに辿りつけないということも珍しくありません。これは矯正治療が目に見えないゴールに向かって進んでいるからです。

インビザライン・システムにおける歯の移動は、コンピューター上ですべてプログラミングされます。最終的な歯並びを目で見て確認することができることが従来の矯正治療との大きな違いです。
患者さんに視覚を通して歯の動きを説明することができるため、歯科医師としても予見しやすく、また患者さんにとっても自身の歯の動きを目で確認することができるため、モチベーションを高く持ったまま治療を続けることができるという大きなメリットを持っています。

このように、歯科医師にとって予見しやすい治療法であることから、歯科医師からも高評価を受けている治療法ということがわかります。

 

■インビザラインの安全性


歯科医師からも高く評価されるインビザラインですが、海外のものと聞いて、その安全性を心配される方も多いのではないでしょうか。
最後にインビザラインの安全性について、ご紹介したいと思います。

インビザラインは、これまで世界80か国以上で1,100万人以上の治療実績があります。
インビザライン・システムは、FDA(アメリカ食品医薬品局)の医療機器として認証を受けているマウスピース装置で、ISO(国際標準化機構)を取得している最新の工場で製造されています。

日本における、インビザラインを含むすべてのカスタムメイドのマウスピース型矯正歯科装置は、それぞれの患者様ごとに作成している装置であり、市場流通性がないことから、薬事法上の医療機器にも歯科技工法上の矯正装置にも該当せず、医薬品副作用被害救済制度が適用されない場合があります。
しかし、インビザラインのマウスピース材料自体は日本の薬事認証を得ており、アレルギー等に関する安全性は確保されています。

さらに凸凹のあるワイヤーやブラケットを歯に固定する従来の矯正とは異なり、インビザラインは口の中の粘膜に当たって「痛む」「口内炎ができる」などのトラブルを抑えることができます。ブラケットによる口腔内の怪我を心配することもないため、スポーツなども楽しむことができます。

このように、インビザラインの安全性はすでにしっかりと確認されておりますので、ご安心ください。

 

■「歯並びと咬み合わせの専門家」である当院にご相談ください


今回は、インビザラインの認知度と安全性についてご説明いたしましたが、いかがでしたでしょか?インビザラインに興味があっても、安全面や効果などへの不安から、なかなか踏み出せなかったという方も多いのではないでしょうか。
インビザラインは比較的新しい治療方法ですが、目立ちにくく、取り外しのできる矯正装置を使用しており、従来の矯正治療にないメリットがたくさんあります。この機会に矯正治療という選択肢と向き合ってみてはいかがでしょうか?インビザラインには、7つのランクが設定されています。当院はそのトップクラスにあたる「ダイヤモンドプロバイダー」の認定を受けています。インビザラインについて、ご不安なことやご不明な点があれば、お気軽に当院へご相談ください。

当院では患者さまのさまざまな疑問や悩みにお答えしたいとの想いから、「矯正治療」に関する個別無料相談、セカンドオピニオンを実施しております。
詳しくは当院ホームページをご覧ください。
https://www.futako-ortho.com/contact/#link03

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
03-6431-0972

〒158-0094 東京都世田谷区玉川3-6-1 6階

このページの先頭に戻る